潤滑ゼリーのせいで不妊になることがあるってホント?

潤滑ゼリーのせいで不妊になることがあるってホント?

妊活中の夫婦には、なかなか病院の先生にも言いにくい悩むがあります。


それは、セックスで濡れない、痛みがあるということ。


どうしても排卵日を指定された上での仲良しには気分的にも限界があり、

また期間が長くなればなるほど濡れなくなってしまう女性が少なくありません。


そんな夫婦の救世主とも言うべきなのが、潤滑ゼリーです。


しかし潤滑ゼリーは不妊の原因になることがある、と耳にしました。


果たしてそれは本当でしょうか。

潤滑ゼリーのせいで不妊になることがあるってホント?



潤滑ゼリーとは?


潤滑ゼリーは、女性の膣内に直接ゼリーを入れることで、

濡れやすくしたり滑りを良くしたりするものです。


セックスで濡れない・痛みがある女性にとってはなくてはならないものですよね。


特に妊活中の女性は、義務的なセックスや排卵日に限ったセックスのせいで

濡れなくなることが多いです。


私もなかなか濡れず、本当に困りました。


旦那さんが頑張れば頑張るほどプレッシャーになるのか、

焦りや申し訳なさが出てきてしまい余計に濡れなくなってしまうんです。


しかし、そんな大切なはずの潤滑ゼリーが不妊の原因になるのでしょうか。

潤滑ゼリーのせいで不妊になる?




妊娠したくて潤滑ゼリーを使っているのに、

そのせいで不妊になってしまうのでは意味がないですよね。


では、なぜそんなことを言われるのか。


それは、潤滑ゼリーにも種類があり、その中でも不妊の原因になってしまう潤滑ゼリーがあるのです。


不妊の原因になる潤滑ゼリーは、多くが薬局やいかがわしいお店にあるような

一般的な潤滑ゼリーです。


一般的な潤滑ゼリー?


そう、中国産や韓国産の潤滑ゼリーで、

滑りを良くするためだけの潤滑ゼリーですね。


一般的な潤滑ゼリーには、精子の動きを弱くしたり、精子の動ける範囲を狭くしたり、

女性の粘液と精子の間に壁を作ってしまうものがあるのです。


もちろんすべての潤滑ゼリーが当てはまるわけではありませんが、

潤滑ゼリーの多くは滑りを良くする目的での使用なので、

妊娠のことまで考えられてはいません。


もちろんただ滑りを良くしたいためだけに使うのであれば、全く問題はないでしょう。


しかし、妊娠を希望するのであれば一般的な潤滑ゼリーを使うことで

不妊になってしまう可能性は十分あるのです。

妊娠を希望する方にオススメの潤滑ゼリーとは?




それでは、一般的な潤滑ゼリーが不妊の原因になってしまうのであれば、

妊娠を希望する人はどうすればいいのか?


実は、妊娠を希望する人の為の潤滑ゼリーがあります。


それは膣内の環境を整えることで、精子の動きを良くして

妊娠する確率を上げてくれる潤滑ゼリーです。


潤滑ゼリーで滑りを良くしてくれるだけでなく、

なんと妊娠しやすくしてくれるなんて驚きですよね。


⇒妊娠確率を上げる!フーナーサポート潤滑ゼリーを詳しくェック!