hCG注射には着床を助ける働きがある? | ベビ待ちさん必見! あなたもできる自然妊娠のススメ

hCG注射には着床を助ける働きがある?

排卵誘発剤の1つとして選択される、hCG注射。


単に排卵を誘発させるだけかと思ったら、

実は着床を助ける働きがあると言うんです!


今まで知らなかったので驚きです。


気になったので、詳しく調べてみました。

hCG注射には着床を助ける働きがある?



hCG注射っていったい何?

hCG注射は不妊治療で使用される排卵誘発剤の1つで、

多くの病院で使用されています。


hCG注射のhCGとは、絨毛性性腺刺激ホルモンのことです。


簡単に言うと、妊娠が成立すると分泌されるホルモンで、

排卵を促す卵胞ホルモン、妊娠を継続させる黄体ホルモンの二つがあります。


つまり、不足しているホルモンを補って、

妊娠できるように卵子や子宮環境を整える為の注射です。

hCG注射の効果は?




hCG注射の効果は、主に二つあります。

排卵を誘発させる

排卵前にhCG注射をすることによって、自力での排卵が困難な場合に有効な、

排卵を誘発させる働きがあります。

hCG注射をすると卵巣が刺激され、約24~36時間以内に排卵が起こります。


そして注射した当日や翌日にタイミングを取ると、妊娠の確率が高まります。


排卵障害があったり、確実なタイミングで排卵させたい場合に有効です。

黄体ホルモンの補充

排卵後のhCG注射は、黄体機能不全など黄体ホルモンが少ない人に対し、

黄体ホルモンの補充を目的に使用されます。

⇒黄体機能不全とは?改善策は?


せっかく受精卵が着床しても、黄体ホルモンが少ないと子宮内膜が剥がれやすくなるため、

hCG注射をすることによって、子宮内膜を維持し妊娠しやすくするのです。

hCG注射はこんな方に有効です!





・基礎体温が、排卵後に高温になるまで時間がかかる

・黄体機能不全

・低温期が長く、高温期が短い

・高温期の体温が安定せずガタガタ


主にこのような症状がある方に、hCG注射は有効です。

hCG注射は着床を助ける働きがある?




それでは、hCG注射は着床を助ける働きがあるのでしょうか。


妊娠する為に大切なのは、受精卵がしっかり着床し、それを維持することです。


実は受精までは問題なくても、着床がうまくいかず妊娠に至らないケースはとても多いです。

(生理がいつもより遅れたり、化学流産したりすることです)


そんな時にhCG注射をすることで黄体ホルモンが補充され、

子宮内膜を厚くフカフカにしてくれます。


通常卵子は排卵した後、受精して5~7日後に子宮内膜に着床します。


しかし子宮内膜が厚くフカフカになっていないと、

受精卵は着床できなくなってしまいます。


つまりhCG注射で子宮内膜をフカフカにすることにより、

着床を助ける効果が期待できるんですね。

なぜhCG注射の効果で妊娠できるの?



hCG注射の効果で妊娠できるのには、理由があります。

1.排卵させることができる


妊娠するためには、まず排卵がうまくいかないといけません。


排卵直前にhCG注射をすることによって、大きく育った卵胞を確実に排卵させることができます


またhCG注射をした24~36時間以内に排卵するので、

タイミングを合わせやすく妊娠の確率が上がります

2.着床を維持できる


せっかく受精卵になって子宮内膜に着床しても、それを維持しなければ妊娠することはできません。


排卵後にhCG注射をすることによって、

黄体ホルモンが補充され妊娠が継続しやすくなります

3.流産を防げる


hCG注射には黄体ホルモンの分泌を促す効果があります。


排卵後も黄体ホルモンを分泌させることにより、

流産しにくい状態にすることができます

hCG注射は妊娠しやすくするために

様々な面からとても力強いサポートをしてくれます。

⇒hCG注射だけでは着床を助ける効果が足りないってホント?