体外受精に挑戦したい!成功の秘訣を教えます! | ベビ待ちさん必見! あなたもできる自然妊娠のススメ

体外受精に挑戦したい!成功の秘訣を教えます!

体外受精をすることになった。


これはある意味、人生での大きな決断の1つではないでしょうか。


体外受精は金銭的にも精神的にも身体的にも大きな負担となります。


しかし、どんなに大変でも、お金がかかっても、それでも子供が欲しい。


そんなあなたの希望の星として、体外受精を選択されるんですよね。


では、その大きな決断をしたあなたに体外受精の成功の秘訣を紹介したいと思います。

体外受精に挑戦したい!成功の秘訣を教えます!



体外受精の成功率は?


体外受精の成功率は、年齢によって異なり、

また年齢が上がるにつれて成功率は下がります。


25歳の成功率は40%ほどですが、30代前半で37%、35歳で35%、

38歳で30%以下になります。


更には40歳で20%以下、43歳で10%、45歳になると5%以下にまで低下してしまいます。

体外受精に失敗する原因は?



卵子の質が悪い


年齢と共に卵子が老化し、質が悪くなります。


質の悪い卵子は、体外受精で受精卵を培養できても、

着床しにくく、流産しやすい状態になってしまいます。

受精卵のグレードが悪い


体外受精では、初期胚の分割状態でグレードを分けられます。


受精卵が均等に分割した、移植に最も適したものが「グレード1」とされ、

分割状態が悪く移植に最も適さないものは「グレード5」になります。


グレード1から3までが移植可能な受精卵で、グレード1が最も成功率が高いとされます。

黄体機能不全やホルモン値が低い


体外受精で成功する為には、黄体ホルモンが正常に分泌されることが大切です。


黄体ホルモンが少ないと、子宮内膜が十分に厚くなることができず、着床率が悪くなります。

ストレス過多


体外受精には、大きなストレスがつきものです。


ストレスは不妊には大敵で、妊娠率が低下する原因となります。

⇒ストレスは着床率を低下させる?!

体外受精の成功の秘訣とは?




体外受精をするからには、絶対に成功させたいと思いますよね。


体外受精を成功させるポイントは、3つあります。

卵子の質を上げる


体外受精の成功の秘訣で最も大切なことは、

卵子の質を上げることです。


体外受精の技術がどんなに進歩しても、

現代の医学では卵子の老化を止めることはできないとされています。

⇒実は卵子の老化を止める方法がある?


また、卵子の質を上げる方法は食事や生活習慣の見直しが有効です。

⇒卵子の質を上げる食事とは?

生殖機能を向上させる


妊娠するためには、子宮や卵巣の機能が正常に働くことが大切です。


身体の冷えを解消したり、ホルモンバランスを整えたり、

妊娠しやすい環境を作ってあげましょう。

⇒ホルモンバランスを整えて妊娠力をアップさせるには?

着床率を上げる


体外受精でできることは、卵子と精子を受精させて、子宮に戻してあげることです。


妊娠するためには、受精卵が着床し、継続しなければいけません。


実はこの受精卵を着床させることは、現代の医学では不可能で、

今後の大きな課題とも言えるでしょう。

⇒体外受精の着床率を上げるには?





ここで忘れてはいけないのは、病院ができることは妊娠まで。


出産できて初めて体外受精が成功したということですね。


そして、出産を成功させるのは、病院ではなくあなたの身体です。


つまり、どんなに医療を駆使して体外受精を行ったとしても、

あなたの身体が妊娠できる状態になっていないと、妊娠は難しくなります。


大切なことは、妊娠しやすい身体づくりです。


それこそが、体外受精の成功の秘訣なのです。