食品添加物が不妊の原因に?正しく知って身を守ろう!

食品添加物が不妊の原因に?正しく知って身を守ろう!

あなたは普段、食品添加物のことを意識して

買い物をされていますか?


忙しくて料理する時間なんてない!


いつもコンビニの弁当やスーパーの惣菜、

冷凍食品などで済ませている、、

またはお菓子を食べ過ぎて、、


なんて方は要注意!


実はそんな食生活が、不妊の原因になっているのかもしれません!


今回は、そんな食品添加物が不妊の原因になっているのか、調べてみました。

食品添加物が不妊の原因に?正しく知って身を守ろう!

あなたの食生活は大丈夫?

まず、あなたが普段食べているもので、

裏に原材料名が記載してあるところをご覧ください。

これはうちにあった、カップラーメン(旦那さんの大好物)です。


ありますあります、食品添加物


変に長い名前やカタカナのものはほとんどが食品添加物です。


カップ麺やレトルト食品、冷凍食品、コンビニの弁当、

スーパーの惣菜、ファーストフードなどは、すべて食品添加物のオンパレードです。


便利なものにはすべて食品添加物が使われていると言っていいでしょう。


知らないうちに毎日の生活の中で、あなたは食品添加物を摂取してしまっているんですね。


どうしてこんなに食品添加物が使われているの?


昔は食品添加物なんてほとんどありませんでした。


現代にこんなにも食品添加物が溢れ返っている理由、

それは現代人の忙しさと便利・安い・うまいを追求した結果です。


食品添加物を使用することで、

その食品は美味しくなり、見た目も綺麗になり、保存も効いて、安い値段で提供できます。


その食品添加物が身体に与える影響なんて関係ありません。


ちなみに国産の食べ物って、なんとなく安全な気がしますよね。


日本で認可されている食品添加物は、1500種類


アメリカは133種類です。


日本でははるかに多くの食品添加物が使われており、

その中には人体に危険なもの、つまり不妊の原因になっているものもたくさんあるのです。

どうして食品添加物が不妊に関係するの?

食品添加物は、身体の中に入っても分解されません。


ではどうなるのか?


身体の中でも邪魔者扱いされた食品添加物は、

やがて子宮に溜まります


なぜなら、子宮は生命維持には必要ない臓器だからです。


そして女性は出産をすることで、この不要な物質を排除します。


赤ちゃんが食品添加物でまみれた子宮の中で成長することを想像してください。



現代の子供にアレルギーやアトピーが多いのは、

これも一つの原因なのです。


不妊症に悩む方なら、すぐにでも食品添加物だらけの食生活をやめるべきでしょう。

不妊の原因になっている食品添加物ってなに?


それでは、実に様々な種類がある食品添加物ですが、

不妊の原因になっているものは何でしょう。

【人工甘味料】


アステルパーム、ステビアなど

これらは砂糖よりもカロリーが低く健康的と言う名目で販売されていますが、

甘味はなんと砂糖の約200倍も!


ステビアについては、避妊効果のある薬草として使われていたものなので、

食べ続ければ不妊になるのは当然です。


お菓子や清涼飲料などに含まれます。

【酸化防止剤】


ビタミンC(アスコルビン酸)、ビタミンE(トコフェロール)、亜硫酸ナトリウムなど


果実加工品、漬物、惣菜、パンなどの

食品を保存させようとする時に使用するもので、

発がん性物質を含み、不妊症の原因となります。

【造用剤】


リン酸塩


ハムやソーセージなどに含まれ、

カルシウム不足になり、不妊の原因になります。

【保存料】


しらこたん白抽出物(プロタミン)、ソルビン酸カリウム、ナトリウムなど


生殖機能を悪化させる原因になります。

【発色剤】


亜硝酸ナトリウム、硝酸ナトリウム、硝酸カリウムなど


主にハムやウインナーに使用され、遺伝子に影響を与えます。

【着色料】


赤色〇号、黄色〇号、緑色〇号、青色〇号、カラメル色素など


色が明るくキレイに見えるものに使用されています。


発がん性物質を含み、不妊症の原因となります。

【乳化剤】


マヨネーズやバター、パン、アイスクリーム、チョコレート、更にはサプリメントにも含まれ、

血中のカルシウム低下を引き起こし、

染色体異常の危険や流産しやすくなります。

【賦形剤】


麦芽糖、マルトースなど


主にサプリメントに使用され、ホルモンバランスが変動し

血糖値が上がりやすくなります。


⇒無添加で安心な妊活サプリと言えばこれ!

食品添加物の弊害をなくすにはどうすればいい?


こんなにも私達の生活になくてはならないものになっている食品添加物。


これらをすべて排除するにはとっても大変です。


でも、食品添加物が不妊の原因になっていると知っては、

何とかしたいですよね。

できる限り自炊する


これはもう基本です。


妊活中なら、自分でしっかり作って安全なものを口にしましょう


料理とまでいかないような、混ぜるだけや切るだけのおかずがあってもいいんです。


あなたの食事が赤ちゃんの元になるのですから、

日頃から心がけましょう。

調味料を無添加のものにする


すべての食材をいきなり無添加にするにはとても大変ですが、

まずは毎日使う醤油や味噌などを変えてみましょう


それだけでも全然違いますよ。

玄米を食べるようにする


実は玄米には解毒効果があり、食品添加物を代謝して排出してくれます


玄米はクセが強いので毎食は無理でも、

1日1回は何かを混ぜておにぎりにしたり、

チャーハンなど一工夫すると食べやすくなります。

食物繊維を摂取する


食物繊維には、食品添加物を排出させる効果があります。


また、よく噛んで食べることも大切です。


唾液には、食品添加物を中和して影響を低減させる効果があります。

無添加野菜もオススメ!






実はスーパーで購入できる野菜には、キレイに見せるために農薬がたくさんついていたり、

季節外の野菜を無理に作るために、ほとんど栄養素が含まれていないものもあるんです。


良いものを食べて身体をキレイにするためには、

やはり質の良い野菜を摂ることが大切です。


【らでぃっしゅぼーや】なら、安心と安全な野菜を自宅まで届けてくれるから楽チン!

⇒らでぃっしゅぼーや 有機・低農薬野菜、無添加食品の宅配サービス


まとめ


私達の生活には知らないところでも食品添加物がたくさん使われているのですね。


大切なことは、正しい知識を持って自分の身体を労わってあげること。


健康な身体に赤ちゃんは必ずやってきてくれます。


そう信じて、できることから始めてみましょう。