ストレスによって着床率が下がる?改善法は?

ストレスによって着床率が下がる?改善法は?

あなたはストレスが受精卵の着床率

悪影響を及ぼすことをご存知ですか?


ストレスが身体にもたらす被害はたくさんありますが、

なんと着床率までも下げてしまうのです!


そこで、ストレスと着床率の関係と、改善法を紹介します。


ぜひ参考にされて、着床率をアップさせましょう!

ストレスによって着床率が下がる?改善法は?

ストレスがもたらす着床率への影響とは?

ストレスが与える身体への影響としては、


・ホルモンバランスを崩す

・自律神経の乱れ

・生理不順

・排卵障害

・卵巣機能の低下

・血流が悪くなり身体が冷える

・便秘になりやすい


などがあります。


ストレスが溜まっている状態が長く続くと、

自律神経が乱れ血流が悪くなります。


血流が悪くなると大切な子宮や卵巣もどんどん冷えていき、

妊娠しにくい、つまり着床率が悪くなってしまうのです。

着床率を下げる原因になるストレスを解消しよう!




現代社会において、ほぼすべての人がストレスを感じながら生活していることでしょう。
  
  
仕事や人間関係、旦那や嫁姑の関係など様々です。
  
  
そして不妊に悩む方は、赤ちゃんができないことも大きなストレスになっています。
  
  
治療のつらさや周りからのプレッシャー、不安、孤独感、旦那との衝突など、

不妊に悩むからこそのストレスがたくさんあります。
  



まずはそれを自覚し、ストレスと上手に向き合い溜めないようにすることが大切です。
  
  

お風呂にゆっくりつかる




お風呂に入ることで気持ちがリラックスし、冷えの改善にもなります。
  

半身浴や入浴剤、好きな音楽を聴いたり雑誌を読んだり、

好きなことをして入浴時間を楽しみましょう。
  

運動しよう


身体を動かすことはストレス解消にとても効果的です。
  
  
激しい運動よりも、ヨガやウォ―キング、ストレッチなどがオススメです。

  


夫婦の時間を大切にしよう


夫婦で一緒に旅行に行ったり、デートで美味しいものを食べたりするのもいいですね。
  

  
妊活中は夫婦のすれ違いがストレスになることもありますから、

旦那さんと仲良く一緒の時間を楽しみましょう。
  

趣味の時間を楽しもう


あなたの好きなこと、趣味を楽しむことで、

気分がリフレッシュされ気持ちもスッキリすることでしょう。
  

周りは気にしない!


周りからの期待や無神経な言葉は、いちいち気にしないようにしましょう。
  
  
気にしてもそれがプレッシャーやストレスになるだけなので、

何と言われても「自分は自分」と心を強く持ちましょう。
  

不妊のことを忘れてしまう時間が大切


いつも赤ちゃんができないことばかり考えていると、

ストレスはたまる一方で悪循環になってしまいます。
  

特に排卵日から生理開始までは落ち着かない日々が続きますよね。


でも、あまり気にせずゆったりと過ごせるようにしましょう。

ストレスの切り替えをしよう

ストレスを強く感じてしまっても、

なるべくその日のうちにリラックスモードにすることが大切です。


寝る前は照明を暗くしたり、スマホを見ないようにするだけでも違いますよ。


ゆったりした気分で眠りにつくことを意識しましょう。



着床率を上げる妊活サプリ


手軽に着床率を上げたいなら、葉酸サプリがオススメです。


妊活中に葉酸が必要と言うのは知っていると思いますが、

実は葉酸には着床率を上げてくれる効果があるんです。


子宮内膜がフカフカになり、子宮内の血流改善にも効果があるので

受精卵が着床しやすく定着率も高まるというわけです。

⇒着床率を上げる驚きのサプリとは?



まとめ

ストレスが身体に悪い影響をもたらすことは知っていましたが、

まさか着床率までも下げてしまうなんて、驚きです。


着床率を上げるには、ストレス解消に努めることが大切なのですね。