二人目不妊は子宮が冷えているのが原因かも? | ベビ待ちさん必見! あなたもできる自然妊娠のススメ

二人目不妊は子宮が冷えているのが原因かも?

あなたは冷え性ですか?


二人目不妊に悩む方の約70%は身体が冷えていると言われています。


実はこの「冷え」が、身体の冷えだけでなく

大切な子宮も冷やし、それが不妊の原因になっているのかもしれません。


そこで、二人目不妊と冷え性の関係について調べてみました。

二人目不妊は子宮が冷えているのが原因かも?


子宮が冷えていませんか?セルフチェックしてみよう!



子宮の冷えチェック
〇甘いものが大好きでよく食べる

〇冷たい飲み物やアイスクリームなどをよく食べる

〇ホットの飲み物はあまり飲まない

〇夏はエアコンがよく効いたところで過ごす

〇生活が不規則である

〇睡眠不足が続いている

〇ストレスが溜まっていると感じる

〇おしゃれに気を遣うので寒くても薄着が多い

〇毎日忙しく疲れがたまっている



当てはまるものはありましたか?


このような生活習慣は、知らず知らずのうちに

身体も子宮までも冷やしてしまうのです。

子宮が冷えていると、どうなるの?


それでは、子宮が冷えていると身体にはどのような影響があるのでしょうか。



・生理が不順になる

・生理痛がひどくなる

・イライラすることが多い

・自律神経が乱れる

・ホルモンバランスが悪くなる

・免疫力が低下する

・卵子の質が悪くなる

・着床率が低下する


⇒つまり、子宮の冷えは妊娠力を下げてしまい、

妊娠しにくい身体を作ってしまうのです!

どうして身体だけでなく子宮も冷えてしまうの?

女性は毎月生理がありますね。


生理による出血で体内の血液が一時的に減ってしまいます。


体温は温かい血液が循環することで維持されるので、

生理で血液が減ると身体も冷えやすくなるのです。


子宮は特に、たくさんの血液を必要とします。


ですから、身体の冷えの影響を直接受けやすいのです。

子宮を温めるにはどうすればいい?


身体を温めてくれる食べ物を摂ろう

食べ物には、身体を温める効果のある食材と、

身体を冷やす効果のある食材があります。

身体を温めてくれる食材
・根菜類(ゴボウ、レンコン、大根、ニンジン、生姜、ニンニクなど)

・タンパク質(肉類、魚類、卵、大豆製品など)

・亜鉛(大豆製品、レバー、カキなど)

・鉄分(赤身の肉や魚、レバーなど)

・精製されていないもの(玄米、雑穀など)


⇒不妊に効く食べ物を詳しくチェック!

適度な運動をしよう


冷えを解消しやすい運動は、激しい運動よりも

ウォーキングやヨガなどのリラックスできるものがオススメです。



無理なく毎日続けられるなら良いですね。


その際は腹式呼吸を意識すると、子宮も温まりやすいです。

効果的な入浴をしよう


よく温まるには半身浴がオススメと言われますが、

二人目不妊の場合は、子供と一緒に半身浴なんて無理ですよね。


なので、そこは38~40度の温かい湯船でしっかり肩までつかって温まりましょう


入浴前に温かい飲み物を飲むと、より効率的に身体が温まります。


身体を冷やさない衣服にしよう


夏は薄着になりますが、腰回りは冷やさないように工夫しましょう。


キャミソールを一枚切るだけでも違いますよ。


冬は腹巻付き毛糸パンツやホッカイロがオススメ^^

効率的な温め方をしよう


首、手首、足首には血管が集中しているので、

ここを温めることで全身が温まります。



夏はエアコンにより冷えやすいので、

薄手のカーディガンやストールなどがあればいいですね。

ストレス解消をしよう


ストレスは血流を悪くさせ身体を冷やしてしまいます。


一日のうちで少しでもリラックスできる時間を持ったり、

自分の時間を楽しむ工夫をしましょう。

サプリを飲む

実は、冷え性を解消してくれる妊活サプリがあるのを

ご存知ですか?


私はこれを飲んだことで冷え性が解消され、

基礎体温がキレイになり妊娠することができました!


特に冷え性の方にオススメのサプリとは?


まとめ

身体だけではなく子宮も冷えてしまうと、

いつの間にか妊娠しにくい身体になってしまうのですね。


子宮は表面上では冷えていることが分からないので、

気付かない人も多いです。


ぜひ、あなたも上記のことを実行して身体の中から温めてあげましょう。