生理前に茶褐色のおりものが出るのは妊娠しにくい証拠? | ベビ待ちさん必見! あなたもできる自然妊娠のススメ

生理前に茶褐色のおりものが出るのは妊娠しにくい証拠?

30代に入ってから、生理予定日前になると

茶褐色のおりものが出るようになりました。


調べてみると、この症状を経験している人は意外と多く、

更には不妊の原因になっていると言うのです。


では、なぜ生理前になると茶褐色のおりものが出るのか、

妊娠しにくいのかどうか、説明していきます。

生理前に茶褐色のおりものが出るのは妊娠しにくい証拠?

生理前に茶褐色のおりものが出る原因は?

おりものに血が混じって茶色くなった、茶褐色のおりもの。


生理前になると決まって出てきます。


私の場合はいつも生理2~3日前からですが、

中には生理1週間前から続く人もいるようです。


茶褐色のおりものが続くと、着床出血なんじゃ?!

って気になってしまいますよね。


排卵日後は特に体調の変化に敏感になりますから、

ちょっとしたことでも気になって色々考えたり調べたり、、

生理前に出る茶褐色のおりものって、一体どうして出るのでしょうか。



ただの生理前の出血

生理って、いきなり真っ赤な鮮血が出てくるわけではありません。


子宮内で出血してもすぐに外にまで出てくるわけではなく、

最初はごく少量が出てきて、そのうち本格的な出血になるという場合もあります。


基礎体温を計っているなら、低温期に入れば生理がくるんだと分かるでしょう。

着床出血


着床出血が見られるのは、生理予定日1週間前~生理予定日が多いです。


着床出血は1回で終わる人もいれば、何日か続く人もいます。


また、赤い鮮血もあれば茶褐色のおりもの程度の場合もあるんです。


ですから茶褐色のおりものが出たら着床出血の可能性もあるので、やっぱり気になっちゃいますよね。


見分け方としては、着床出血の場合は基礎体温が高温のままです。


まれに着床時期に基礎体温が下がることがあるようですが、

妊娠していた場合は再び高温期が続きます。

ホルモンバランスが崩れている


ホルモンバランスは、ちょっとしたことでもすぐに崩れてしまいます。


ストレスを感じた、体調を崩した、ダイエットをしているなど、、


普通に生活しているだけでも、ホルモンバランスが崩れるきっかけはたくさんあるんです。


そして崩れたホルモンバランスは、生理不順や不正出血、

排卵障害など様々な不妊の原因を引き起こします。


生理前の茶褐色のおりものは、実はホルモンバランスの崩れによるものが多いのです。

⇒崩れたホルモンバランスを簡単に整えるには?

黄体機能不全


黄体機能不全の方は、黄体ホルモンの影響で出血する場合があります。

⇒私が黄体機能不全を克服した方法とは?

流産の可能性?


茶褐色のおりものが出ると、もしかして流産??と心配する人もいるようですが、

茶褐色のおりもの=流産というわけではありません。


しかし妊娠が継続していても、不正出血や不安定な状態と言う可能性がありますので

心配な場合は病院を受診しましょう。


子宮や卵巣の機能低下や環境の変化


主に年齢を重ねることで、子宮や卵巣の機能は低下し、

ちょっとしたことでも出血しやすくなります。


また子宮ガンなど病気の可能性も考えられるので、心配なら病院を受診しましょう。

生理前に茶褐色のおりものが出るのは妊娠しにくい証拠?

上記で述べた、生理前の茶褐色のおりものが出る原因の中で、

妊娠に関係するものは、


・ホルモンバランスの乱れ

・黄体機能不全

・子宮や卵巣の機能低下です。


茶褐色のおりもの=妊娠しにくいというわけではありませんが、

原因として思い当たることがあるのではないでしょうか。


それでは、これらを改善する方法は何があるのでしょうか。


規則正しい生活を送る


早寝早起きをし、規則正しい生活を送ることがオススメです。


朝起きてから朝日を浴びると、自律神経や身体のバランスが整い、

機能を十分働かせることができるようになります。


また質の良い睡眠も大切です。


特に夜22時~2時の卵子のゴールデンタイムには、

眠りについていられるようにしましょう。

ストレスを溜めない


ストレスは身体の機能を低下させる、不妊の大敵です。


好きなことをしてリラックスしたり趣味の時間を持ったりして、

ストレスを発散するように心がけましょう。

身体を温めよう


身体が冷えていると様々な機能が低下し、子宮までも冷えてうまく働かなくなります。


衣服の工夫やお風呂、足浴をするなどして

身体をしっかり温めましょう。

まとめ

生理前の茶褐色のおりものが、実は不妊からくるものだったなんて驚きです。


私の場合、30代になってから症状が出始めたので、

だんだん身体の機能が低下していた証拠なんですね。


あなたも原因が分かったところで、改善に向けて

できることから始めてみられてはいかがですか?