実は卵子の質を高めてくれる食事がある?

実は卵子の質を高めてくれる食事がある?

あなたは卵子の質を気にしたことがありますか?


卵子は年齢と共に老化し、どんどん質が悪くなっていきます。


質の悪い卵子では、妊娠・着床することが難しく、

せっかく妊娠しても流産しやすい状態になってしまうのです。

そこで卵子の質を高める為にはどうすればいいのか、

食事面で見ていきます。

実は卵子の質を高めてくれる食事がある?

卵子の質を高めてくれる食生活とは?


それでは、卵子の質を高めてくれる食事とはどのようなものでしょうか。


まず、食生活で注意してもらいたいことを紹介します。

旬のものを積極的に摂りいれる


野菜や魚には、それぞれに美味しくなる、

たくさん採れる旬の時期がありますね。


旬のものには、その時期に身体に必要な栄養素が豊富に含まれているんです。


今ではスーパーで季節を問わず販売されていますが、

目安は安売りしているものが旬にあたるものでしょう。

添加物を摂取しない


インスタント食品やファストフード、レトルト食品などに含まれる食品添加物には、

卵巣や子宮に直接悪い影響を与えるものもあります。


できる限り避けるようにしたほうが良いでしょう。

⇒あなたの不妊の原因、実は食品添加物だった?!

1日3食をバランス良く食べる

卵子の質を高める為に大切なのは、健康な身体づくりです。


まず3食をきちんと食べましょう。


色々な食材を意識して献立を考えると更に良いですね。

卵子の質を高めてくれる栄養素がある?

全ての身体の元になるタンパク質


タンパク質は、血や身体、筋肉を作る元になる大切な栄養素です。

女性ホルモンの形成にも必要なので、質の良い卵子を作る手助けになります。

・肉類(牛すじ、豚ヒレ、鶏ささみなど)

・魚介類(しらす、いわし、あじ、するめ、干しエビなど)

・大豆製品(凍り豆腐、納豆、きな粉など)

・海藻類(のり、青のり、わかめなど)

・乳製品(チーズ、ヨーグルトなど)

卵子の老化防止ビタミンE 


ビタミンEには抗酸化作用があり、卵子の老化防止に効果的です。


卵子の質が心配な方は、積極的に摂ることをオススメします。


血行促進や自律神経、ホルモンバランスも整えてくれます

・魚(いくら、あゆ、いわしなど)

・野菜(モロヘイヤ、大根の葉、かぼちゃなど)

・油脂(サフラワー油、とうもろこし油、なたね油など)

・木の実(アーモンド、松の実、らっかせいなど)


子宮環境を整えるビタミンA 


免疫力アップと卵子の老化防止に効果的です。

しかし食べ過ぎると、副作用としてお腹の赤ちゃんが

奇形につながる可能性があるので、ほどほどに。


一般的な量ならまず心配はいりません。


レバー、うなぎ、卵黄など


卵子の質を上げる葉酸 


葉酸は厚生労働省が妊活中の人に推奨している栄養素です。


妊娠前から摂取することにより、胎児の先天障害の確率を減らすことができます。

枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草など

⇒妊活中に葉酸を摂ることで着床率がアップする?!

女性ホルモン活性化に効果的な亜鉛


亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれるほど

ホルモンの活性化に効果があります。


牡蠣、煮干し、するめ、カニ缶、うなぎ、牛ひき肉、卵黄など

血流改善できるオメガ3脂肪酸


あまり聞き慣れませんが、オメガ3脂肪酸はコレステロールや中性脂肪を下げ、

血流を改善する働きがあります。


青魚、えごま油、亜麻仁油、シソ油、くるみ、緑黄色野菜、豆類など

卵子を守ってくれるビタミンC


ストレスに対する抵抗力を持ち、卵子を守ってくれます。


ただし水溶性で調理中に水に溶けだしやすく、

生のままか加熱の少ない調理法が良いですね。


赤ピーマン、ゆず、アセロラ、イチゴ、柿、キウイ、ブロッコリー、カリフラワー、モロヘイヤなど

卵子の質を上げるサプリ

たくさん紹介しましたが、これらをちゃんと気をつけての食事は大変ですよね。


そんなあなたに紹介したいのが、卵子の質を上げてくれるサプリです。


サプリなら飲むだけで卵子の質を上げ、

身体の調子を整えてくれるのでオススメですよ^^

⇒飲むだけで卵子の質を良くする方法とは?



まとめ

卵子の質を上げてくれる食事には、様々なものがありましたね。


特に35歳を過ぎると、一気に卵子の質は低下していきます。

今ある卵子を維持し大切にしていく為にも、

できることから始めてみてはいかがでしょうか。