エコーで見る卵胞の形が楕円なのは卵子の質が悪い?

エコーで見る卵胞の形が楕円なのは卵子の質が悪い?

あなたはエコーで卵胞を見た時に、形が悪いなって感じたことはありませんか?


先日、エコーを見た時に卵胞の形が楕円だったんです。


え?!卵胞って真ん丸じゃないの?!


中に卵子が入っているのだから、

当然卵胞も丸いものだと思っていた私にとって、とてもショックな出来事でした。


心配になったので、卵胞の形が楕円だったことについて調べてみました。

エコーで見る卵胞が楕円形だと卵子の質が悪いの?





病院で卵胞が育っているかどうかのチェックを受ける際に、

エコーで確認しますよね。


病院によっては、エコー画面が私達患者にも見えるようにしてあります。


そこで見た、ある日の衝撃!!


なんと、エコーに映っていた私の卵胞、形が楕円だったんです。


本来なら卵胞は卵子が中に入っているので、綺麗な丸でなくてはいけないのでは、、??


調べてみると、実際に卵胞の形が楕円やいびつ、ゆがみ、細長いなどで

気になっている方がとてもたくさんおられました。

卵胞の形が楕円で考えられるのは?




卵胞の中には、大切な卵子がありますよね。


基本的に卵胞や卵子は、形が丸いです。


それが楕円になっている場合に考えられるのは、

・卵巣内に癒着があり、卵胞が周囲に押されている

・排卵直後である(排卵直後は楕円やひょうたん型になる)

・エコーで見た角度的に楕円に見えただけ

・卵子の質が悪い


などがあります。




ちなみに質の良い卵胞は、直径約2.0~2.2cmでキレイな円形、均満感があり、 透明感があります。


そしてエコーで見ると真っ黒に映り、周囲とのコントラストがはっきりしています。


しかし卵胞の形が楕円だったり、いびつだったり、しわしわであったり、

中心がモヤモヤとしていた場合には、 卵胞の発育は良くないことが多いです。


そのため、卵胞内で発育した卵子の質も良くないことが多いと言われています。

形が楕円になっている卵胞の場合、

染色体異常を持った卵子の確率が高くなったり、受精しにくかったり、

細胞分裂や着床にも影響がある可能性があります。


しかし、これはあくまで可能性の話であって、

実際に卵胞の形が悪い=卵子の質が悪いとまでは言えません。


卵胞の形が楕円でも妊娠できている方はたくさんおられますし、

卵子の質が良いものかどうかは、卵子を取り出して診る体外受精の時にしか分かりません。


卵胞の見た目から卵子の質までは分からないのです。

いつも卵胞の形が楕円になっている原因とは?




毎回エコーを見る度に卵胞の形が楕円になっていると、さすがにヘコみますよね。


その原因は何でしょうか。

年齢によるもの


20代の若い女性の卵子は綺麗な円形が多いです。


しかし30代半ばの女性の卵子は、楕円形や細長いものなど形がいびつなものが増えるようです。


卵子の質も30代半ばより低下するので、やはり気になるところではあります。

卵巣の病気


子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群など、卵巣内に病気がある。


卵巣内に病気があると、癒着ができ卵胞が周囲に押されて形が悪くなることがあります。

不規則な生活


睡眠不足や不規則な生活、乱れた食生活を送っていると、良質な卵子が作られません。

過度のストレス


あなたはストレスが溜まっていませんか?


ストレスフルな生活は、卵子の質にとても悪影響です。

身体の冷え


低体温や隠れ冷え性など、身体の冷えは不妊になる要素をたくさん持っています。

卵胞の形をキレイにしたい!どうすればいい?




卵胞の形が楕円だと、卵子の質が悪い可能性がある。


なんて聞くと、なんとかして卵子の質を良くしたいと思いますよね。


卵子の質は妊娠率に比例すると言われています。


つまり、卵子の質がよければそれだけ妊娠率もアップするんです。


卵子の質が悪いと、染色体異常の卵子の確率が増えたり、受精しにくかったり、

細胞分裂や着床にも影響がある可能性があるのです。


それでは、卵子の質を良くして卵胞の形をキレイにするにはどうすれば良いのでしょうか。

規則正しい生活




良質な卵子は、良質な睡眠から作られます。


特に夜22時~2時は、卵子のゴールデンタイムと呼ばれるとても大切な時間です。


その時間はしっかり眠りについていられるようにしましょう。

身体を温める




卵胞を育てる卵巣は、温かい身体で本来の機能を維持できます。


冷えた身体ではうまく機能が働かず、卵子の質も悪くなってしまいます。


衣服を工夫したり、ゆっくりお風呂に入るなどしましょう。

食生活の改善


添加物の摂取を避け、バランスの良い食事を心がけましょう。


妊娠するために必要な栄養素を積極的に摂るのもオススメです。

ストレスを溜めない


自分の好きなことをしたり、リラックスできる時間を持ちストレス解消をしましょう。

軽い運動をしよう




運動をすることでストレス解消、冷え性改善、ホルモンバランスを整えるなど良いことがたくさんあります。


あまり激しい運動よりもヨガやウォーキングなどの軽い運動がオススメです。

手軽に妊娠確率を上げる方法は?




妊活を頑張っていても、なかなか妊娠できない。


そんなあなたへ、手軽に妊娠確率を上げる方法を紹介します。


それは、妊娠確率を上げる潤滑ゼリーを使うこと。


実は今、妊活女性の中で秘かに注目されているんです。


潤滑ゼリーは、女性の膣内に直接ゼリーを入れることで、

女性が濡れるのを助け、さらに精子が動きやすい環境にしてくれます。


すると、何もしないよりも劇的に妊娠確率が上がります。


精子にとっては過酷である女性の膣内を、動きやすい環境にしてくれるのは、

この潤滑ゼリーにしかできません!


潤滑ゼリーにはいくつかの種類がありますが、

その中でも安心して使えるのが、

フーナーサポート潤滑ゼリーです。


⇒自宅で簡単に妊娠確率を上げる!フーナーサポート潤滑ゼリーとは?

まとめ

いかがでしたか?


以前は卵胞の形なんて気にしていませんでしたが、卵子の質にまで関わってくると思うと

病院の受診の際もすごく気にしちゃいそうです。


しかしそれはストレスにつながります。


あまり細かいことばかり気にするのも良くないんですよね。


健康的な生活を送り、妊娠力をアップさせることを目指しましょう!