妊活用潤滑ゼリーなら薬局はダメ?安全なものを選ぼう!

妊活用潤滑ゼリーなら薬局はダメ?安全なものを選ぼう!

潤滑ゼリーには、種類があることをご存知ですか?


一言で潤滑ゼリーと言っても、様々な種類があり、

間違った選び方をしてしまうと、

妊娠どころか妊娠確率を下げてしまうことになりかねません。


そこで、潤滑ゼリーについての説明と、

安全な妊活用潤滑ゼリーを紹介します。

妊活用潤滑ゼリーなら薬局はダメ?安全なものを選ぼう!



潤滑ゼリーってなに?

潤滑ゼリーとは、性交する時に濡れない・痛いなどの

悩みがある場合に使用するゼリーのことです。


ローションとは違い、直接女性の膣の中に注入して使用します。


直接入れることで、より濡れやすさをサポートし

また垂れてくる心配もなく自宅でも安心して使用できます。

妊活用潤滑ゼリーは薬局ではダメ?




潤滑ゼリーは薬局だけでなく、ドンキホーテやアダルトショップなどにも売っています。


しかし、それらはただの潤滑ゼリーです。


薬局に売っている一般的な潤滑ゼリーと、妊活用の潤滑ゼリーは違うのです。

なぜなら、薬局に売っている一般的な潤滑ゼリーは、

単純に濡れること・スムーズな性交だけを目的として作られています。


中には成分表示がきちんとしていない粗悪なものも。


それらは安全性もさることながら、

なんと精子の動きを止めてしまう成分が含まれているものもあるようなのです。


精子が元気に活動する為には、膣内環境が大切ですが、

粗悪な潤滑ゼリーを使用することにより膣内環境が悪化し

精子を殺してしまったり、動きにくくすることがあるのです。


特に、薬局にも売っている中国製や韓国製の潤滑ゼリーは、

価格も安く種類も多いので広く出回っているようですが、

そのほとんどが成分表示があいまいだったり怪しいものだったりします。

安全な妊活用の潤滑ゼリーとは?




潤滑ゼリーは直接膣内に入れるものですから、

やはり安全なものがいいですよね。


だって自分の身体に入れて使うのに、

なにか妊娠に影響があったり変な病気になったりしたら大変です。


安全なものかどうかをしっかりと自分で確かめましょう。

国産のもの




安全な潤滑ゼリーは、まず国産であること。


これが第一条件です。


中国製や韓国製はやめておいた方が良いでしょう。


確かに、国産のものは少し値段が高くなります。


しかしそれは、それだけ安全性を確保している証拠なんです。


身体に直接入れるものだからこそ、

安全を確保すればコストがかかるのは当然のことです。

成分表示がしっかりしたもの




次に、中に入っている配合成分がきちんと表示されていること。


潤滑ゼリーなんてどれも似たような成分が使用されているから変わらないんじゃ?

なんて思っていたのですが、安全性についてみると、結構差があるようです。


実際に中国製や韓国製の潤滑ゼリーは、

成分表示のないものが結構あります。


それがまたお安く売られているので、さらに怪しいですよね。

妊活用であること




一般的な潤滑ゼリーはただの潤滑だけが目的ですが、

妊活用の潤滑ゼリーは潤滑+精子の動きをサポートする働きがあるんです。


精子が動きやすい膣内環境を整えることで、精子の動きや運動率をアップさせ

妊娠確率が上がるようになっています。


妊活用は、ここが大きく違うんですね。

産婦人科でもおすすめ!




実は潤滑ゼリーは、産婦人科の先生もオススメしているんです。


実際に濡れなくて性交痛があることを相談される女性は少なくないそう。


妊活中なのに濡れなかったり性交痛があると、

本当につらいですよね。


そんな女性にオススメしているのが、潤滑ゼリーなのです。





これらを踏まえた上で、私が選んだ潤滑ゼリーは、

フーナーサポート潤滑ゼリーです。



フーナーサポート潤滑ゼリーなら、

安全性もクリア、安心の国産、産婦人科の先生おすすめ、

そして一番大切な妊娠確率を上げてくれるサポートがあります!


妊活用ならこれで間違いないでしょう。

⇒妊娠確率が上がる!フーナーサポート潤滑ゼリーを詳しくチェック!

おわりに

いかがでしたか?


ただの潤滑ゼリーを薬局で購入して失敗してしまったという方は、意外と多いです。


あなたもそうならないよう、自分の目でしっかりと安全性を確認して購入しましょう。