実は納豆や豆腐は不妊に効果がない?

実は納豆や豆腐は不妊に効果がない?

私は不妊改善の食事として、普段から大豆製品をよく食べていました。


しかしある時、納豆や豆腐などの大豆製品は不妊に効果がないということを耳にしたんです!


ずっと食べてきた私にとっては衝撃的でした。


そこで、本当に納豆や豆腐などの大豆製品が不妊に効果がないのか調べてみました。

実は納豆や豆腐は不妊に効果がない?



大豆製品の効果とは?

大豆製品には、大豆イソフラボンが含まれ

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをしてくれます。



大豆イソフラボンの効果

・肌の新陳代謝を促進し、肌をキレイな状態にしてくれる

・髪や爪にハリやツヤを与えてくれる

・コレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化を予防する

・乳房や生殖機能の発育を助け、女性らしい身体にしてくれる

・子宮内膜を厚くし、受精卵が育ちやすい環境に整えてくれる

・卵子の老化を抑える働きがある

まさに不妊に悩む方は絶対に摂取すべき栄養素だと言えるでしょう。


大豆イソフラボンが不妊に有効ということは、科学的根拠も示されているので、

あなたもそのイメージで大豆製品を摂るようになったのではないでしょうか。



納豆の不妊への効果とは?




しかし実は、納豆の不妊への効果はこれだけではありません。


様々な栄養が含まれている納豆ですが、

その中には不妊の方が積極的に摂取したいものがたくさんあるのです。

ビタミンE


最近若返りの成分があるとして注目されているビタミンE。


実は身体の老化を防ぐだけでなく妊娠しやすい身体へとサポートしてくれる働きがあるのです。


・抗酸化作用で子宮環境を良くする

・血流が改善され子宮や卵巣の働きを活発にする

・ホルモンバランスを整える

ビタミンB


身体の疲れやストレスの軽減に効果があります。


通常の大豆よりも発酵してある納豆のほうがより多くのビタミンBを含んでいます。

鉄分


女性は特に毎月の生理で、鉄分が不足しがちになります。


子宮や卵巣にたくさんの血液を届けてあげるためにも、意識して摂るようにしましょう。

カルシウム


カルシウムは生殖機能を調整して安定させる働きがあります。


また妊活の大敵であるストレス解消にも効果があります。


このように、納豆には不妊の方が積極的に摂取したい栄養がたっぷりと含まれており、

元気な赤ちゃんを授かるために、ぜひ取り入れたい食品であると言えますね。


大豆イソフラボンの落とし穴!




さて、大豆イソフラボンが不妊に効果的と知って、

私のように大豆製品を積極的に食べていたあなた。


実はそこには落とし穴があります。


この大豆イソフラボンには型があって、

不妊に効果的なのはアグリコン型イソフラボン


これは大豆の胚芽のみから抽出された、とても吸収率が高いイソフラボンです。



一方、私達が普段から食べている納豆や豆腐。


これらはグリコシド型イソフラボンという吸収率の悪いイソフラボンになります。


つまり不妊に効果的だからと大豆製品をいくら食べても、

大事なイソフラボンはあまり吸収されないんです。
  

不妊に効果のあるアグリコン型イソフラボンって?




グリコシド型イソフラボンが吸収されないなら、

アグリコン型イソフラボンを摂るしかありません。
  
  
アグリコン型イソフラボンは吸収率が非常に良く、

イソフラボンの効果が大いに期待できます。
  
  
またアグリコン型イソフラボンは抗酸化力が高く、

卵子の老化や活性酸素を除去してくれる効果が期待できます。
  
⇒不妊の大敵!活性酸素とは?
  

そしてなんと世界的にも、着床率が飛躍的に高くなると言う研究結果が出て、

今とっても注目されているんです!
  

アグリコン型イソフラボンを摂るには?




これはもうアグリコン型イソフラボンを摂るしかないっ!!
  
  
しかし、、実は大豆製品の中でアグリコン型イソフラボンが含まれるのは、

味噌しかありません。
  
  
一日の必要量を摂るには、なんと味噌汁10杯も飲まなければいけないんです。
  
  
そんなに味噌汁ばかり飲めないし、塩分的にもアウトですよね。

  

そこでオススメなのが、アグリコン型イソフラボンのサプリです。
  


サプリなら、簡単に必要量を摂ることができて手軽ですよね。
  

またこのサプリには葉酸400μgも配合されており、

妊活の方にとってはこれ1つでOK!なのも嬉しいですよね。
  
  
⇒あなたに足りないのは着床力だった!