実は不妊の原因は活性酸素のせいかもしれない?

実は不妊の原因は活性酸素のせいかもしれない?

あなたは活性酸素という言葉を聞いたことがありますか?


不妊の原因には様々なものがありますが、

実は活性酸素も一つの原因ということが分かりました。


今回は活性酸素と不妊の関係について紹介します。

実は不妊の原因は活性酸素のせいかもしれない?

活性酸素って何?

活性酸素とは、身体をサビさせる強い酸素のことです。


適度な活性酸素は、

体内に入った異物やウイルスを排除する役割があります。


しかし過剰になりすぎると、身体の組織や細胞を傷つけ、

生活習慣病やガン、老化、そして不妊の原因になってしまいます。


活性酸素が増える原因は?

私達の生活環境は、活性酸素を増やすものがとても多いです。

偏った食生活

好き嫌いをする、食品添加物の摂取、不規則な食生活は、

活性酸素を増やし体内にため込んでしまいます。

タバコ、飲酒などの生活環境


タバコ飲酒の害は活性酸素にまで影響してきます。


意外な所では、紫外線酸性雨も活性酸素を増やす原因になります。

ストレス

ストレスが溜まると、活性酸素は大量に発生してしまいます。

なぜ活性酸素が不妊に影響するの?

活性酸素は体内の細胞をサビさせてしまう為、

身体の様々な機能を低下させます。


そして不妊につながる原因は、活性酸素が増えることにより、

卵巣を老化させ、子宮環境や卵子の質を悪くしてしまうのです。


更に活性酸素が子宮内に発生すると、

受精障害や黄体機能不全の原因にもなってしまいます。


⇒あなたの卵子の質、大丈夫?

活性酸素を減らして不妊を克服するにはどうすればいい?

それでは、身体にとって有害となる活性酸素は、

どうすれば減らす・増やさないことができるのでしょうか。

運動をする

運動することは活性酸素自体を減少させる効果があるので、

とても有効な方法です。


またリフレッシュでき、ストレス解消にも効果的です。

⇒活性酸素を減らし妊活にも効果的な運動とは?

食生活の改善

食事には、抗酸化作用と言って活性酸素を減らす効果のある

ビタミンEやビタミンA、ポリフェノールなどを摂ると良いです。

ビタミンE

アボカド、大根の葉、うなぎ、ごま、いくら、たらこ、アーモンド、モロヘイヤなど


ビタミンC

イチゴ、赤ピーマン、アセロラ、レモン、ゴーヤ、キウイ、ブロッコリーなど

ポリフェノール

ルイボスティー、赤ワイン、大豆、ブルーベリー、ココア、そば、緑茶など

⇒活性酸素を減らすにはルイボスティー!驚きの効果とは?

紫外線対策は必ずする

外出時に日焼け止めを塗るのはもちろん、

洗濯物を干すわずかな時間でも注意しましょう。


長時間紫外線を浴びるのはできる限り避けた方が良いです。

ストレス解消を心がける

知らず知らずのうちに溜まるストレスを、うまく発散できるようにしましょう。


好きなことをしたり、リラックスできる時間はとても大切です。

酵素を含むサプリもオススメ!

活性酸素を除去するには、酵素を摂ることが大切です。

⇒酵素の驚くべきパワーの秘密とは!?

まとめ

活性酸素は私達の身体を老化させる元になっていたのですね。


卵子が老化してしまっては、受精率や着床率が悪くなり妊娠しにくい身体になってしまいます。


抗酸化作用のある食材をうまく利用して、

活性酸素を除去し不妊を克服しましょう!