夏でも身体は冷えている?!隠れ冷え性は不妊になる!

夏でも身体は冷えている?!隠れ冷え性は不妊になる!

あなたは夏こそ身体が冷えやすいということをご存知ですか?


外が暑いために涼しい室内で冷たい飲み物や食べ物を摂っていると、

不妊の原因である隠れ冷え性になってしまうのです。


そこで、なぜ隠れ冷え性が不妊につながるのかを紹介します。

夏でも身体は冷えている?!隠れ冷え性は不妊になる!



隠れ冷え性とは?

隠れ冷え性とは、普通の冷え性とは違い身体の内側が冷えている状態で、

内蔵型冷え性とも呼ばれます。


主な特徴として、手足は冷えを感じませんが、

お腹周りや太もも、おしりが冷えてしまっています。


これは内臓が冷えていることを意味するのです。

隠れ冷え性は気付きにくい?




冷え性は手足が冷たいので、自分で冷え性だと自覚していますね。


それに対して隠れ冷え性は、手足は温かくほてりもあるので、

自分は暑がりだと思い込んでいる方が多いのです。


また、もともと冷え性の方も夏はあまり冷えの自覚がないのでは?


実は夏こそ冷え性の方は注意しなければいけません。



夏は暑いので身体の熱が外に逃げようとします。


そして室内ではエアコンで身体を冷やし、冷たい飲み物や食べ物を摂ると、

さらに熱が逃げ身体が冷えてしまいます。


そして夏は室内と外での温度差が激しいため、

体温調節をする自律神経が乱れやすく、血行も悪くなってしまうのです。

隠れ冷え性かどうかチェックしてみよう!

まずは朝起きた時に、お腹やおしりを触ってみましょう。


次に脇を触ってみて、脇よりもお腹やおしりが冷たい場合は隠れ冷え性の可能性が高いです。


他の隠れ冷え性の症状としては、以下が挙げられます。





隠れ冷え性チェック
・顔や手足は温かくほてっている

・肩こりや頭痛がよくある

・夏でもお腹周りやおしりが冷たい

・足がむくむことが多い

・顔色が悪いと言われることがある

・平熱が36度以下

・胃腸が弱い

・シミ、そばかす、肌荒れなど肌トラブルが増えた

・痩せにくく太りやすい

・下半身が太りやすい

・汗をかきやすい

・入浴はシャワーのことが多い

・運動したり身体を動かすことが少ない


当てはまる項目が多ければ多いほど、

あなたは隠れ冷え性になっている可能性が高いです!

隠れ冷え性が不妊に影響する?




隠れ冷え性は、内蔵型冷え性と呼ばれる通り、内臓が冷えてしまっています。


つまり、あなたの大切な子宮や卵巣も冷えてしまっているんです。


冷えた卵巣や子宮は、正常に機能することができません。


すると卵子の質や子宮内膜の状態が悪くなり、妊娠しにくい身体を作ってしまうのです。

⇒あなたは大丈夫?おしりが冷たいのは不妊になりやすい?

隠れ冷え性を改善して不妊体質から抜け出そう!




隠れ冷え性は、日常生活の中で少し意識を変えれば、ちゃんと結果がついてきます。


大切なあなたの身体のために、隠れ冷え性を改善するにはどうすればいいのでしょうか。

服装を工夫する


妊活中は普段から腰回りを冷やさないような服装にしましょう。


夏でもエアコンにより冷えてしまうので、室内は一枚羽織る、靴下をはくなどしましょう。


夏用の薄手の腹巻もあります。


冬はモコモコの腹巻や毛糸のパンツがオススメ。

身体を温める食材を意識する




体を温めてくれる食べ物や飲み物を積極的にとりましょう。


体の中から温まると基礎代謝がよくなり、免疫力もアップします。


根菜類や冬が旬の食材がオススメです。


夏は特に暑いからと冷たいものばかり食べすぎて身体を中から冷やしてしまいます。

できるだけ常温のものやあたたかいものを食べましょう。

仙骨を温める


腰やお腹にホッカイロを貼るのもいいですが、

仙骨を温めることで身体全体が温まりやすくなります。


デスクワークの方は特に血行が悪くなりやすいので注意しましょう。

⇒デスクワークは不妊になりやすいって本当?!

湯船にしっかりつかる




おしりが冷たい方は特に、湯船にしっかりつかって身体の中まで温まるようにしましょう。


夏でもシャワーだけで済まさず湯船に入るのがオススメ。


38~40℃くらいのぬるめのお湯に15分以上つかるようにすると、身体の中から温まります。

軽い運動をする




おしりの周りの筋肉を動かすのに効果的なのがウォーキングです。


またヨガや腰回りのストレッチ、階段の上り下りなどもオススメ。


おしりだけではなく、太ももや骨盤も意識して動かすようにしましょう。

⇒妊娠力アップにオススメの運動とは?

ストレスを溜めないようにする


ストレスは自律神経のバランスを崩し血行が悪くなります。


趣味やリラックスできる時間を持ち、ストレス解消をしましょう。

⇒ストレスは着床率を下げる?!

まとめ


冷え症は自覚がありますが、隠れ冷え性は自覚がない方が多いです。


結果として知らず知らずのうちに不妊の原因になっているとしたら、、


隠れ冷え性は内臓の冷え、不妊だけではなく様々な体調不良も引き起こしてしまいます。


今隠れ冷え性だと気付いた方は、ぜひ改善に向けてできることから始めてみられてはいかがですか?