hCG注射をしていると卵子の質が低下する? | ベビ待ちさん必見! あなたもできる自然妊娠のススメ

hCG注射をしていると卵子の質が低下する?

不妊治療の排卵誘発剤として使用されるhCG注射。


実は、hCG注射を続けていると卵子の質が低下するということを耳にしました。


最近hCG注射にて排卵を誘発させて、

なんとか妊娠したいと思っている私にとっては

あまりに衝撃的なことでした。


せっかくhCG注射をしているのに、そのせいで卵子の質が低下してしまったら

妊娠することは難しくなるのでは、、?


不安になったので調べてみました。

hCG注射をしていると卵子の質が低下する?



hCG注射の役割とは?

排卵を誘発させる

hCG注射をすることで、卵巣が刺激され、

約36時間以内に排卵が起こります。


自力で排卵しにくいなどの排卵障害がある場合は

hCG注射をすることにより排卵するので、

タイミングがとりやすくなります。

黄体機能の改善

hCG注射をすると、体内のプロゲステロンの分泌を促すことができます。


プロゲステロンは妊娠を継続させる役割があるので

ホルモンの分泌が少ない黄体機能不全の方にはとても有効です。

なぜhCG注射をするの?




hCGは、女性が妊娠すると分泌されるホルモンです。


妊娠検査薬も、尿中のhCGの値に反応して陽性か陰性かを判断します。


排卵時にはLHというホルモンが出ます。


しかしこのLHホルモンは、合成が難しく薬剤として使用するのが困難なのです。


そのためLHホルモンと構造がよく似ており、卵胞に働きかける作用のあるhCGを

排卵誘発剤として使用するのです。

hCG注射をすると卵子の質が悪くなる?




hCG注射は卵巣に直接働きかけて排卵を強制するので、

身体にとっては負担になる場合があります。


それは分かりやすく言うと、私達の身体に副作用となって表れます。

また勘違いしている方も多いのですが、

hCG注射は卵子の栄養剤ではありません。


ホルモン剤としてhCG注射をすることで、

ホルモンの量が増えても卵子の質が良くなるわけではないのです。


反対にhCG注射をしたことで、卵子の自然な成長を妨げてしまい、

結果として卵子の質が悪くなることがあるのです。

そもそもhCGは妊娠後に初めて分泌されるホルモンであり、

それを意図的に注射することは身体の本来の機能を乱してしまうという説もあります。


するとホルモンバランスが乱れ、卵子の質が低下し、

どんどん妊娠しにくい身体になってしまうのです。

hCG注射はしない方がいい?




hCG注射をすることで卵子の質が悪くなるなら、

注射はしない方がいいのでは、、?


なんて考えますよね。


しかし、実際にhCG注射をしたことで妊娠につながるケースはたくさんありますし、

hCG注射が必ずしも卵子の質を悪くするとも言えないのです。


これはそれぞれの医師の方針にもよりますし、

自分達がどのような選択をするかによっても変わってきます。

hCG注射をしなくても排卵させるには?




では、hCG注射をしなくても排卵させるにはどうすればいいのでしょうか。


その大きなヒントは、ホルモンバランスにあります。


卵子の質はホルモンバランスと大きく関わっていて、

ホルモンバランスを整えることが、

卵子の質を良くして妊娠しやすい身体にしてくれるんです。


そのためにオススメなサプリがこちら

⇒8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】


マカナは、妊活に必要な成分である

葉酸・日本産マカ・しょうが・DHA・EPA・GABA・スピルリナ・ルイボスティー・

鉄分・カルシウム・亜鉛・野菜22種類
などがこれ一つで摂れるオールインワン妊活サプリです。

まとめ


医療の力を借りる以上は、副作用があるのも当然のこと。


そのことをきちんと理解し、納得した上で治療をすることが

大切になってくるのではないかと思います。