排卵痛がひどくて子作りができない時の対処法は?

排卵痛がひどくて子作りができない時の対処法は?

私は一人目の出産後から、排卵痛を感じるようになりました。


排卵の時期が分かりやすくていいのですが、

最近では排卵痛がひどくて、子作りが難しくなっています。


痛みのせいで子作りするのも億劫になるし、

なかなか濡れないし、最近では気持ちいいと感じることすらなくなりそうです。


こんな状態で妊娠できるのか、、

不安になったので、排卵痛がひどくて子作りができない時は

どうすればいいのか、調べてみました。

排卵痛の原因は?




排卵痛には個人差があり、痛みを全く感じないと言う方もいれば、

私のように痛みで動くのもやっと、、と言う方もいます。


しかし産後に排卵痛がひどくなることはよくあることです。


では、なぜ排卵痛が起きるのでしょうか。

排卵前の卵巣の腫れ


排卵前は卵巣が成熟して大きくなるため、

腫れたようになり痛みを感じる場合があります。

ホルモンバランスの乱れ


ストレスや生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどによって

ホルモンバランスが乱れることで排卵痛が起こることもあります。

身体の冷えや血流が悪い


血流が悪いと、生殖機能の働きが悪くなり、

排卵する際にも痛みを感じることがあります。

骨盤がゆがんでいる


産後は出産によって骨盤を広げたり縮めたりしているので、

骨盤がゆがんでいる場合が多いです。


骨盤のゆがみは卵巣の働きにも影響が出るので、排卵痛を感じやすいようです。

排卵による出血


卵巣はとてもデリケートです。


そのため、排卵する際に傷がついて出血する場合があります。


出血自体は少量ですが、卵巣からの出血が痛みに敏感な組織である腹膜を刺激するため、

少量の出血でも痛みを感じやすくなります。

排卵する瞬間の痛み


排卵する際、卵子は卵胞を突き破って排出されるため、

痛みを感じやすくなります。

排卵痛は排卵によって体が変化することで引き起こされる痛みであり、

排卵が終われば自然と痛みは治まっていきます。


排卵痛が起こること自体は異常なことではないので、

あまりに過度に心配する必要はありません。


しかし、排卵痛がひどくて性交するのがやっと、、

または性交できないなど、妊活にも影響がある場合は困りますよね。


では、排卵痛がひどくて子作りできない時は、どうすれば良いのでしょうか。

排卵痛がひどくて子作りができない時の対処法は?



適度な運動をしよう


血流が悪いと、身体が冷えて生殖機能の働きが悪くなります。


その為には適度な運動が効果的です。


激しい運動ではなく、ストレッチやウォーキングなど軽い運動をしましょう。

身体を温めよう


身体が冷えていると、排卵痛を感じやすくなります。


しっかり湯船につかったり、身体を温める服装をする、

身体を温める食事をするなど、色々工夫しましょう。

規則正しい生活をしよう


規則正しく睡眠をしっかりとることで、ホルモンバランスが整いやすいです。


ホルモンバランスは妊娠する上でとても重要なものです。


日頃から意識してみましょう。

サプリもオススメ


妊活サプリで、ホルモンバランスを整え身体を温めてくれるものがあります。


私はこのサプリを飲んだおかげで、

基礎体温が理想に近くなり妊娠することができました。


サプリのおかげで身体の冷えが改善され、

ホルモンバランスが整ったからです。


排卵痛に悩む方にはぜひオススメしたいです。


⇒私が妊娠できた驚きのサプリとは?

潤滑ゼリーもオススメ


排卵痛がひどくてなかなか濡れないと言う方へ、

潤滑ゼリーの使用もオススメですよ。


膣内に直接ゼリーを入れることで濡れやすくなり、

更に妊娠しやすくなる成分が入っています!

⇒妊活用潤滑ゼリーで人気なのは?

まとめ


排卵痛は生理痛とも違う、独特な痛みですよね。


しかし生理痛の場合は我慢していればいいですが、

排卵痛は妊娠する大事なチャンスの時なので、

できれば痛みを感じない方が良いですよね。


排卵痛がひどいせいで性交が嫌になる方もいますから。


自分の生活を見直し、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。