排卵日を正確に予測したい!おりものや症状がカギ?

排卵日を正確に予測したい!おりものや症状がカギ?

妊活中の方にとって、排卵日を正確に予測することはとても重要ですよね。


でも、基礎体温を計っていても、なかなか正確に把握することは難しいです。


そこで今回は、おりものや身体の症状の変化などから、

自分で排卵日を正確に予測する方法を紹介していきます。

排卵日を正確に予測したい!おりものや症状がカギ?

おりものの状態で排卵日を予測しよう!


実はおりものは、排卵日を予測する上でとても大切なものです。


排卵日を中心として、おりものの状態は色々と変化します。


毎日おりものの状態を観察することで、自分の身体の状態も分かるようになりますから、

これを機会に覚えておくと良いかもしれませんね。


低温期【生理開始日から8~10日頃】


卵子を作る卵胞が成長を始める時期です。


基本的におりものの量は少なくなり、

生理終了直後なので茶色いおりものが出る場合もあります。

低温期【生理開始日から10~12日頃】


排卵日が近くなり、おりものはサラサラの状態になります。


量は少なく、ほとんど出ない人も。

排卵期【生理開始日から12~14日頃】


おりものが一気に変化します。



粘りが出て、卵の白身のようなドロッとしたものが出たり、

指につけて伸ばすと10㎝くらい伸びる状態に。


普段のおりものは水に溶けますが、

排卵期のおりものは水に入れても固まったまま溶けません。

高温期【生理開始日から14日頃~次の生理開始まで】


高温期になると、おりものは少なく乳白色になります。


それが1~2日ほど出ると、排卵が終わったということです。

なぜおりものが排卵日で変化するの?


普段の女性の膣内は、雑菌から守るために酸性に保たれています。


しかし排卵直後からはアルカリ性に変わるため、おりものも変化するのです。


その理由は精子がアルカリ性を好むので、

精子が膣内をスムーズに進めるようにするためです。


女性の身体ってすごいですね。


身体の症状で排卵日を予測しよう!



基礎体温が下がる


基礎体温は、排卵日の当日にグッと下がり、

その後は体温が上がり高温期に入ります。


しかしこの体温の変化から排卵日付近ということは分かりますが、

いつ排卵するか正確には予測できません。

排卵痛


排卵痛とは排卵日の前日・翌日を含めた約3日間に、

卵巣付近に感じる痛みのことです。


28日周期の生理の方なら、生理が始まってから13~15日頃に痛みが表れます。


症状や痛みは個人差があり、生理痛のような重い腰の痛みや腹痛などを感じ、

痛みで動けない方やまったく痛みがない方など様々です。

排卵出血


子宮内膜の一部がはがれ落ち、排卵出血が起こることがあります。


茶色いおりものが出たり、月経初日くらいの少量の出血の場合がほとんどです。

体重が増える


排卵日が近くなると、体重が増える方もいます。


これは排卵後に分泌されるホルモンが

体温を上昇させ食欲を増進させる作用があるためです。

生理のような症状


排卵前後にホルモンバランスが変わることにより、

頭痛、めまい、吐き気、むくみ、胸の張り、イライラなどの症状が出る場合もあります。

より正確に排卵日を予測するには?




排卵日を意識して自分の身体の状態を知ることで、

排卵日を予測することは可能です。


しかし排卵はとてもデリケートなもので、

ちょっとした体調の変化やストレスなどにより排卵日がずれることも。


より正確に排卵日を予測するには、以下の方法がオススメです。

排卵検査薬を使う


排卵直前になると増えるホルモン量を測定することで、

約1日前に排卵日が予測できます。


妊娠検査薬と間違えられやすいですが、あくまで排卵を予測するものです。


生理周期が安定しない方にもオススメの方法です。


病院で卵胞チェックをしてもらう


通院の手間はありますが、病院にて卵胞チェックをしてもらうのも良いでしょう。


卵胞の大きさから、排卵日がより正確に予測できます。

排卵日にタイミングをしっかり合わせるには?

排卵日を正確に予測し、タイミングをしっかり合わせるには、

日頃から体調管理をすることが大切です。


基礎体温をしっかり計り自分の身体のリズムを知り、

体調を整えるようにしましょう。

⇒基礎体温がガタガタ?どうすればいい?!

排卵日当日は妊娠の可能性が低い?

排卵日を正確に予測できたとして、

いざ排卵日を迎えてからの仲良しでは、実は妊娠の確率は低くなってしまいます


最も妊娠しやすいのは、排卵日の2日前から排卵日の前日です。


なぜなら、精子は寿命が3日あるのに対し、

卵子の寿命は1日しかないからです。


卵子が排卵された時には、すでに精子が待ち構えている状態が理想です。

あなたも排卵日を正確に予測して、妊娠率を高めましょう!