妊活中の義務的なセックスを解消するにはどうすればいい?

妊活中の義務的なセックスを解消するにはどうすればいい?

妊活中って、どうしてもセックスが義務的になってしまうのは、私だけでしょうか。


妊活の期間が長くなればなるほど、どんどんセックスがしたいからするのではなく、

子作り目的の義務的セックスになってしまいます。


特に排卵日は1カ月の中でも限られた時しかないので、

タイミングを合わせることが大切になってきますよね。


実は妊活中に義務的なセックスになってしまった事に悩む夫婦は多いです。


それでは、妊活中の義務的なセックスを解消するには、どうすればいいのでしょうか。

妊活中の義務的なセックスを解消するにはどうすればいい?



義務的なセックスになる原因は?

・不妊治療をしているから

・子供がいるから起きてこないか心配

・パパとママになったら雰囲気を作れない

・排卵日だけのセックスになりがち

・いつでもできるという思いから、あまりしたいと思わなくなった

・仕事で疲れている

・お互いのことは好きだけど、気持ちが盛り上がらない



このように、義務的なセックスになるには様々な原因がありますが、

共通して言えるのは、目的が子供のみになりすぎているということ。


本来セックスは愛し合う2人がお互いを確かめ合う行為のはず。


しかしいつの間にか愛する行為ではなく、子作りメインになってしまうことで、

どうしても義務的なセックスになってしまうようです。

妊活中の義務的なセックスを解消するにはどうすればいい?



排卵日だけのセックスはやめる


妊活中はどうしても排卵日にセックスしないといけませんから、

排卵日に集中してしまいがちですが、


これはどうしても義務的セックスになりやすいです。


奥さん側から「今日が排卵日だからしようね」と誘われると、

旦那さんは仕方なくそれに応じる、、


これでは義務的になってしまうのは当たり前かもしれません。


排卵日にこだわりすぎず、普段からセックスを楽しめるようになることが大切です。
  
そうすれば、いつもの延長で排卵日にセックスしても、

怪しまれることがないので安心ですね。

直接排卵日だと伝えない




旦那さんの中には、今日が排卵日だからと言われると

プレッシャーを感じてしまう方が少なくありません。


そんな場合は、奥さんはさりげなくアピールする方法にした方が良いでしょう。


いつもより胸元の開いた服を着たり、露出を増やしたり、

旦那さんをマッサージしたり、素直にセックスしたいと伝えるのでもいいでしょう。


あくまで、排卵日ということは伏せておいて、

あなたとセックスしたいと言う気持ちを伝えましょう。

スキンシップを増やす


義務的なセックスをしている夫婦の多くは、

普段からのスキンシップがうまくできていない場合が多いです。


お互いの身体が触れ合うことって、実はとても大切。


いってらっしゃいのキスをしたり、出かける時は腕を組んだり、ハグをしたり。


ちょっと照れくさいかもしれませんが、

その触れ合いがお互いの気持ちを盛り上げるスパイスとなるのです。

夫婦2人の時間を大切にする




2人でデートしていますか?


子供がいるなら尚更、2人っきりの時間なんてないはずです。


たまには子供を預けて、映画を観たり買い物に行ったり、

2人でデートする時間を持ちましょう。

女度をあげる


男性は視覚的な要素でムードを感じやすいです。

髪型を変えたり、化粧をしたり、服装や下着に気をつけたり。


旦那様の為に頑張っているということをさりげなくアピールしましょう。

セックスを楽しめるように


セックスが義務的になってしまうと、何のためにセックスをするのか忘れがちになります。


そもそもセックスは、お互いを愛し確かめ合う行為のはず。


子作り目的でするものではありません。


愛する人とつながるために、セックスをするのです。


これを踏まえて、セックスを楽しめるようになりましょう。


そうすれば自然と義務的なセックスからは遠ざかっていきますよ。

場所を変えてみる


旅行に行って雰囲気を変えたり、ラブホテルもいいですね。


いつもと違った場所はお互い気持ちも盛り上がり、

自然なセックスができるのではないでしょうか。

小道具を使う




ラブローションや性的玩具など、いつもと違ったことをしてみるのもオススメです。


特に最近ではラブローションを使う女性が増えていて、

濡れない悩みも義務的なセックスも解消してくれると評判です。


⇒セックスに使うと効果抜群?ラブローションとは?