二人目不妊の大問題!?濡れないあなたの解決法!

二人目不妊の大問題!?濡れないあなたの解決法!

二人目が欲しいと思っていても、なかなか濡れないから痛い。


濡れてもすぐに乾いてしまうからセックスが苦痛。


産後はセックス自体が嫌になってしまった。


実は二人目不妊に悩む方の多くが、セックスでなかなか濡れないという悩みを抱えています。


解決法はあるのでしょうか、調べてみました。

二人目不妊の大問題!?濡れないあなたの解決法!



産後のセックス事情とは?



・産後は性欲がなくなった。
  
・子供がいつ起きるかと思うと落ち着かないから集中できない。

・妊娠前までのように楽しむことができなくなった。

・気分が乗らないから濡れない。

・夜は子供と私が二人で寝て、夫は別室。自然な流れにならない。

・育児で疲れているから、そんな時間があるなら寝たい。

・産後太りが気になってしたくない。

・授乳中なのでおっぱいに触ってほしくない。


あなたも思い当たることありませんか? 


二人目不妊に悩む方の多くに、セックスでその気になれない、濡れない、ということが挙げられます。

どうして女性は産後に性欲がなくなるの?




産後の女性の約8割がセックスが苦痛になったと感じています。


8割とはかなり高い数字ですが、それはなぜでしょうか。


育児で疲れている


初めての出産では、一日中赤ちゃんのお世話にかかっきり。


気が付いたらもう夕方、、なんてこともあり、とても疲れます。


また夜中の授乳で休む暇もない中でセックスなんて、無理ですよね。

授乳によって女性ホルモンが満たされる




赤ちゃんに母乳を上げていると、セックスで分泌されるのと同じ女性ホルモンが分泌されます。


すると、授乳によって性的に満ち足りた状態になるため、

性欲は湧いてきません。

旦那に嫌悪感を持つ


生まれた赤ちゃんが可愛すぎて、旦那のことはどうでも良くなってしまう場合があります。


また急に旦那を汚く感じて、その手で赤ちゃんに触ってほしくないとまで思ってしまうのです。


そんな中で誘われても、する気にはなれませんよね。

ムードがなくなる


寝ている赤ちゃんを起こしたくないために、

手早く済ませようとムードもなくいきなり、、という流れでは濡れないのは当然です。

産後の体型が気になる


多くの女性は産後に太ってしまった自分の身体を見られるのが嫌で、

セックス自体が嫌になるようです。


濡れないと妊娠しにくい?




なぜ女性の膣は濡れるのでしょうか。


それは妊娠と大きな関係があります。


膣の粘液は、目・鼻・口の粘液と同じように、

外からのウイルスなどの異物をブロックするために大切な役割を果たしてくれています。


粘液がきちんと出るのは健康な証拠です。


そして膣粘液は、排卵時期に分泌が増え

精子が卵子の元に到達しやすくしてくれるんです。


濡れないことは、挿入時の痛みの原因になったり、

妊娠しにくい状態になってしまうということですね。

女性がオーガニズムを感じると妊娠しやすいってホント?




実は女性がオーガニズムを感じると、オキシトシンというホルモンが分泌されます。


このホルモンが分泌されると、子宮が収縮し膣の入り口が締まり膣の奥が風船のように空洞化します。


これはバルーン現象と呼ばれ、膣全体が精子を吸い上げるような状態になるのです。


つまり女性がイク=妊娠しやすいように身体が変化するんですね。


なんとも、人間の身体は不思議なものです。

二人目が欲しい!濡れないあなたの解決法は?




セックス自体が嫌になると、どうしてもなかなか濡れなくて痛い思いをしてしまいます。


でもセックスしないと二人目はできないし、、


こんなことなかなか人に相談ってできないですよね。
  

では、濡れないことへの解決策はあるのでしょうか。 



リラックスすることが大切


妊娠のことばかり考えていては逆にストレスになり、濡れない状態は解決できません。
  
  
排卵日だからと気負わずに、リラックスした状態でセックスを楽しめるようになりましょう。
  
  

排卵日だけのセックスは避ける


排卵日だけのセックスに集中してしまうと、身体が濡れることに反応しきれず

なかなか濡れないように。
  
  
子供がいる中ではなかなか難しいですが、

排卵日にこだわらず、普段からセックスを楽しんで濡れる状態を身体に覚えさせましょう。

  

マンネリを解消しよう


いつも同じパートナーと同じようなセックスの繰り返しは、

どうしても刺激不足でマンネリ気味になり濡れなくなることも。
  
  
たまには場所を変えたり違った雰囲気に挑戦するのもアリですね。

  

ジェルを使う


どうしても濡れない方のために、

膣粘液と同じ働きのあるジェルがあります。
  
  
普通のローションはただ滑りを良くするだけですが、

このジェルは精子が卵子にたどり着くまでをサポートしてくれる役割があるんです。


⇒自宅で簡単に妊娠確率を上げる!フーナーサポート潤滑ゼリー


まとめ


いかがでしたか?


二人目不妊に悩む方が増えたと同時に、濡れない悩みを持つ方も増えています。


産後に濡れないことはよくあることですが、そのままにしておくと

セックスレスになったり夫婦関係にまでヒビが入ることになりかねませんから、

早めに対処することをオススメします。