35歳以上で二人目は高齢出産?リスクと対処法は?

35歳以上で二人目は高齢出産?リスクと対処法は?

一人目の出産が30代になってからだと、どうしても二人目の妊娠が35歳以上になりやすくなります。


一般的に35歳からは高齢出産と聞きますが、二人目の妊娠も当てはまるのでしょうか。


また高齢出産でのリスクも気になります。


そこで今回は、35歳以上で二人目を妊娠する場合のリスクと対処法を紹介していきます。

35歳以上で二人目は高齢出産?リスクと対処法は?



高齢出産は何歳から?


一般的によく聞くのは、高齢出産は35歳以上からですね。


高齢出産の定義としては、

日本産科婦人科学会は、35歳以上の出産としています。


それに対して、国際産婦人科連合は、35歳以上の初産婦、40歳以上の経産婦としています。


どちらも40歳以上は高齢出産となるのですね。

35歳以上でも二人目以降なら心配ない?




基本的に高齢出産で注意が必要なのは、35歳以上の初産婦です。


35歳以上でも、二人目三人目の経産婦の場合は産道がやわらかくなっているので

出産に関してはそれほど心配しなくても大丈夫です。


それほど出産と言うのは、初産と二人目以降で変わってくるのです。



しかし、初産婦でも経産婦でも共通して言えるのが、

卵子は老化するという事実です。


あなたが生まれた時には、すでに身体の中に卵子の元になる細胞があります。


そして加齢とともに卵子も年をとっていくのです。


卵子が老化することで、卵子の質が悪くなり妊娠率が低下し、反対に流産率が高くなってしまうのです。

⇒卵子の老化を遅らせる方法とは?

35歳以上で二人目を妊娠する場合のリスクとは?




それでは、経産婦にも言える高齢出産のリスクにはどんなものがあるのでしょうか。


妊娠高血圧になりやすい


妊娠高血圧とは、何らかの原因で高血圧になり、尿蛋白や血管障害、臓器障害などを発症します。


重症化すると母子ともに命の危険にさらされることもあり、昔は妊娠中毒症と呼ばれることもありました。

妊娠高血圧症になる確率としては、妊婦の約10%に起こる症状といわれています。


しかしその確率は年齢が上がるごとに高くなり、

35歳以上では14~18%、45歳以上では29%にもなってしまいます。

流産しやすくなる


流産の確率は、35歳を境に急激にアップします。


20代は10%なのに対し、35歳以上では20%、40歳以上では40%以上にもなります。

帝王切開になりやすい


年齢が上がると、骨盤や筋肉の可動域が狭くなってしまいます。


すると赤ちゃんが生まれる時に、時間がかかったりなかなか出てこなかったりします。


あまりにも時間がかかると母体や赤ちゃんへ悪影響なので、

帝王切開になりやすいのです。


帝王切開の場合、出産の負担は軽いですが、手術後の傷や体力の回復に時間がかかります。

障害児の確率が増える


35歳以上になると、卵子の染色体異常が増えます。


するとダウン症などの障害児が生まれる確率がグンと増えます。


20歳は1667人に1人に対し、30歳は952人に1人、

35歳は385人に1人、40歳は106人に1人、45歳は30人に1人という高確率になってしまいます。

高齢出産でのリスクを減らすために、日常生活で気をつけたいことは?




高齢出産でのリスクを減らすには、卵子の質を良くすること、

母体の健康を保つことがとても大切です。

規則正しい生活をする


睡眠不足や不規則な生活は、卵子の質が悪くなり妊娠率が低下します。

⇒ビックリ!睡眠不足はこんなにも不妊に関係するの?

バランスの良い食生活をする




あなたの身体はあなたが食べた物でつくられます。


子供の為にも、バランスの良い食生活を心がけましょう。

⇒卵子の質を良くする食事がある?

ストレスを溜めない




ストレスは妊娠に大敵です。


時には一人でリラックスする時間を大切にしましょう。

⇒ストレスが着床率まで低下させるってホント?

身体を温める


冷え性や低体温は、妊娠率を低下させてしまいます。



衣服を工夫したり、ゆっくりお風呂に入りましょう。

⇒冷え性や低体温だと妊娠できない?

軽い運動をしよう




一人目の出産はかなりの体力を使いましたよね?


二人目の場合は、一人目よりも確実に体力が落ちていることでしょう。


二人目を出産するには、高齢出産に耐えうる身体づくりが必要です。


あまり激しい運動よりも、ヨガやウォーキングなどの軽い運動がオススメです。

⇒あなたもできる!妊娠力アップにオススメの運動とは?

葉酸サプリは必須!


葉酸サプリは妊娠初期だけでなく妊活中から摂取することで、

高齢出産の障害のリスクを減らすことができます。


⇒高齢出産に欠かせない葉酸サプリはこれ!