不妊治療に疲れたとき。あなたの心を軽くします!

不妊治療に疲れたとき。あなたの心を軽くします!

不妊治療を始めて7年という長い年月が経ちました。


その間に流産2回。


もう不妊治療に疲れてしまって、私には子供を産むことができないんじゃないか

ってことばかり考えていました。


でも、そんな時に私がしたあることで、

なんと妊娠することができました


私は何も特別な治療をしたわけではありません。


では、なぜ妊娠することができたのか。


今回は不妊治療に疲れたときに読んでほしい、あなたへのアドバイスを紹介したいと思います。




不妊治療に疲れたとき。あなたの心を軽くします!

不妊治療中に考えてしまうこととは?

私達夫婦は、タイミング、人工授精、体外受精も3回しました。


それでも赤ちゃんはやってきてくれませんでした。


リセットする度に落ち込み、次こそは!次こそは!

と何度思ったことでしょう。


孫の催促、周りからの言葉、プレッシャー、金銭的負担、精神的負担、身体的負担、、、


言い始めたらキリがないくらい、私にかかるストレスはかなりのものだったと思います。




実際に不妊治療はゴールが見えないので、

一体いつまで続けるのか、いつになったら妊娠できるのか。


不妊治療に疲れたときは、

きっとだれもこんな思いを抱えながら治療をしておられるんじゃないでしょうか。





不妊治療に疲れたときにあなたにしてほしいこと

不妊治療ができることは幸せなこと

不妊治療が長くなってくると、

どうしても気持ちがギスギスしてきます。


こんなに頑張っているのにどうしてできないんだろうと

自己嫌悪になり、悔しくなり、周りを羨んだり恨んだり、

負の感情ばかりになってしまいます。


でも、一度振り返ってほしいのです。


なんの為に子供が欲しいのか。


愛する旦那様との子供を産みたいからではないでしょうか。



あなたが今不妊治療をすることができるのは、

旦那様がいてくれるからです。


それだけでとても幸せなことです。


不妊治療がしたくてもできない人もいる中で、

治療をしてベビ待ちができること自体が幸せなことなんです。

優しい気持ちになれることをしよう!

疲れたときにあなたの心を優しく癒してくれるようなことをしましょう。


今まで頑張ってきたんだから、ご褒美をあげるつもりで!


マッサージに行ったり、ヨガや運動をするなど、

好きなことや楽しいことをして癒されましょう。


自分の心が安定することは妊娠にもプラスになります。

旦那さんと思いっきり楽しみましょう!

不妊治療に疲れたときは、思い切って自分たちの為にお金を使いましょう。


子供ができたら行けない場所にデートに行ったり、

海外旅行もオススメ。


普段と違うことをして気分もリフレッシュして、

不妊治療で溜まったストレスを解消しましょう。

不妊治療に疲れたときは、休んでいいんです!

不妊治療を続けていると、毎月のタイミングや採卵の度に

必死になってしまいますよね。


私も妊活に効くと聞けば何でもしたくなるし、

色々な商品やサプリも欲しくなります。


妊娠するためにはどんなことでもしたいと思ってしまいます。


でも、そんなストレスフルな状態では

赤ちゃんはなかなかやってきてくれません。


なぜなら妊娠に一番大敵であるストレスの塊になってしまっているから。


そんな時は一旦深呼吸して、一休みしましょう


無理して不妊治療しなくてもいいんです。

不妊治療に疲れたときに私が妊娠できた訳とは?

私は不妊治療に疲れたときから、病院に行くのをやめました


基礎体温も毎月のタイミングも気にせず、

ただ日々を楽しむようにしました。


そんな最高に楽しかった中で、なんと自然妊娠することができたのです。


不妊治療をやめてから私がしていたことは、

妊活サプリを飲んだことだけです。


妊活サプリは体質を改善してくれる効果があるので、

飲むことは全くストレスになりませんでした。


むしろ身体の調子が整っているのがよく分かるので

飲み続けたいと思っていました。


⇒私が妊娠できた驚きの効果があるサプリとは?



今振り返ってみると、不妊の原因になっていたのは

不妊治療によるストレスだったんじゃないかなぁと思います。


それほどまでに不妊治療に疲れてしまっていたし、

大きなストレスになっていたことは間違いないと思います。

まとめ

不妊治療に疲れたときでも、やめるのも勇気がいりますよね。


でも、ストレスの塊の中で不妊治療を続けても、

きっといい結果にはならないと思うんです。


いつまでも頑張り続けるのは、あなたの心も身体も

疲れ果ててしまいます。


時にはひと休みして、

少しあなたの身体を労わってあげてもいいのではないでしょうか。