フーナーテストの結果が不良でも妊娠できた方法とは?

フーナーテストの結果が不良でも妊娠できた方法とは?

妊活を始めて3年。


全然子供ができないので、勇気を出して不妊専門のクリニックを受診しました。


そして不妊症かどうかの検査をしていく中で知らされた、衝撃の事実。


それは、フーナーテストの結果が、不良であったこと。


フーナーテストは2回しましたが、どれも結果は不良。


精子は見えないし、いても動いていないという結果でした。


しかし、私たち夫婦がしたあることのおかげで、

フーナーテストの結果が不良でも、妊娠することができました!


今回はそのことについて詳しく紹介していきます。

フーナーテストの結果が不良でも妊娠できた方法とは?



フーナーテストってなに?

フーナーテストとは、性交後に女性の子宮頸管の状態を調べることで、

動いている精子の状態が分かる検査です。


子宮頸管の状態が良くないと、精子は子宮頸管を通ることが難しいので

なかなか妊娠することができません。


また精液検査は男性は抵抗があるのに対し、

フーナーテストは性交するだけなので、気軽に受けられる検査でもあります。

フーナーテストの結果から分かることとは?





・子宮頸管の状態

・精子の運動率

・精子と子宮頸管の相性



フーナーテストを行い、たくさんの精子が確認できれば

子宮頚管の状態は良好であると判断されます。


反対に精子が少なかったり動いていなかったりする場合は、

子宮頚管や精子の異常が疑われます。



 15個以上(妊娠率が高い)

 10~14個(妊娠が十分に期待できる)

 5~9個(妊娠が期待できる)

不良 4個以下(妊娠の可能性は低い)


子宮頸管内で元気な精子がどれくらいいるかで、

妊娠できる確率も変わってきます。


しかし精子や子宮頸管の状態は体調にも左右されるので、

結果が良くない場合は何度か検査をすることがあります。

フーナーテストの結果が不良となった原因は?




それでは、私たち夫婦のようにフーナーテストの結果が

不良となる原因はなんでしょうか。

精子に問題あり


男性の精子の運動能力が低く、膣から子宮頸管まで到達できない。


または最初から精子の数が少なく、妊娠するための十分な精子がいない。

抗精子抗体


まれに女性の中に、精子を敵だと勘違いして攻撃する

抗精子抗体を持つ方がいます。

頚管粘液が少ない


女性の頸管粘液は、精子が子宮頸管を通過するのを助ける働きがあります。


しかし何らかの理由により頸管粘液が少ないと、

精子は子宮頸管を通過することが難しくなります。

フーナーテストの結果が不良だと妊娠できない?




フーナーテストの結果が不良であったからと言って、

妊娠できない訳ではありません。


先ほども言ったように、体調や性交から検査までの時間によっても

結果は変わるでしょう。


また、性交中に射精された精子は、1時間もせず卵管まで到達します。


そのため、フーナーテストで検査する時には

粘液に残された、もともと元気がない精子という可能性もあるのです。


検査の性質上、フーナーテストの結果が全てではなく、

妊娠できる可能性は十分にありますから。

では、フーナーテストの結果が不良だった場合、

対処法はどうすればいいのでしょうか。

子宮頸管の状態を良くする


これは規則正しい生活や十分な睡眠、栄養バランスの取れた食事、

ホルモンバランスを整えることで改善されることが多いです。

精子の状態を良くする


精子を作る為に必要な栄養である、亜鉛、アルギニン、鉄分、

セレン、ビタミンE、ビタミンCなどを積極的に摂るようにしましょう。


またストレスへの対処も大切です。

潤滑ゼリーを使用する


フーナーテストの結果が不良だった方にオススメなのが、

精子の動きをサポートする潤滑ゼリーです。


女性の膣に直接入れることで、精子が動きやすいよう膣内環境が整い、

精子が卵管にたどり着くまでをサポートしてくれます。


つまりこの潤滑ゼリーを使うことで妊娠率が上がるんです!


フーナーテストの結果が不良だった方でも、

この潤滑ゼリーを使用することで妊娠できたと言う

夫婦が増えています。


私もこの方法で妊娠できました!

⇒妊娠率が上がる!精子をサポートする潤滑ゼリーとは?

人工授精を受ける


人工授精は直接子宮内に精子を注入するので、

子宮頸管に問題がある場合は妊娠率が上がるでしょう。


人工授精は保険が適用されるので、

治療費は1回あたり15000~30000円です。

まとめ


フーナーテストの結果が不良だった場合、夫婦共に絶望的な気持ちになりますよね。


しかし、その結果が全てではありません。


また夫婦で協力することで妊娠できる確率も上がります。


原因が分かれば対処法も考えることができますから、

落ち込まず次にできることを前向きに頑張りましょう。