意外と知らない!ベビ待ち中にしてはいけないこととは?

意外と知らない!ベビ待ち中にしてはいけないこととは?

あなたはベビ待ちをしている中で、

しないように気をつけていることはありますか?


実は知らず知らずのうちにしていることが、

妊娠しにくい身体をつくり上げているのかもしれません。


今回は、ベビ待ちをする上でしてはいけないことを紹介します。

意外と知らない!ベビ待ち中にしてはいけないこととは?

タバコは禁煙するのが基本!

喫煙は卵巣や子宮の機能を低下させ、

卵子や子宮内膜の質も下がります。


ベビ待ちをする以上、禁煙するのは必要不可欠です。


また旦那さんが横で吸うと、副流煙も同じく有害なのでやめてもらいましょう。

身体を冷やさないで!

ベビ待ち中は、身体を冷やさないことがとても大切です。


特に湯船につからずシャワーだけで済ませることは、

返って冷やす原因になるのでやめましょう。


また冷たいものの食べ過ぎ・飲み過ぎには注意しましょう。

⇒あなたの身体の冷え、実はこれが原因かも?!

カフェインを摂りすぎないで!

コーヒーや緑茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、

体温を下げてしまう働きがあります。


飲みすぎると身体を冷やしてしまうので、1日1~2杯程度にしましょう。

⇒意外と知らない妊活に効く飲み物の真実!?

睡眠不足にならないで!

意外と知られていないのが、睡眠不足と不妊の関係です。


睡眠不足になると、ホルモンバランスの乱れや生理不順などになりやすく、

着床率も低下してしまいます。

夫婦生活は着床時期までは控えよう!

仲良しの際に分泌される女性ホルモンや、

精液中に含まれる成分には子宮収縮作用があります。


排卵前後に頑張ったあと着床時期までは、

夫婦生活は控えた方が良いでしょう。

過度のストレスを溜めないようにしよう!

排卵は、ストレスの影響をとても受けやすいです。


日常的に大きなストレスを感じていると、

排卵しなかったり着床率にも影響します。

⇒ストレスが不妊に与える影響とは?

激しい運動はやめておいたほうが〇

マラソンや激しいスポーツなどは体力を消耗します。


アスリートが不妊に悩むことはよくあることです。


運動するなら、ヨガやウォ―キングなどの軽い運動がオススメです。

⇒妊娠力がアップする運動とは?

飲酒は時期に注意しよう

飲酒については、毎日大量に飲むことは健康にも悪影響なので控えた方が良いです。


しかし好きな人にとっては、我慢するのもストレスになるでしょうから、

少し楽しむ程度なら問題ないでしょう。


ただし排卵から着床時期までは着床を妨げると言う報告もあることから、

控えた方が良さそうです。

無理するダイエットは控えよう

極端に痩せていたり、急激な体重減少はホルモンバランスが崩れ、

生理不順や排卵障害を引き起こしてしまいます。


また食事制限をしすぎると栄養不足になり、卵子や子宮内膜の質が低下してしまいます。

旦那様へプレッシャーをかけすぎない

排卵日にこだわるあまり、旦那様に禁欲をお願いしたり、

無理して連日の仲良しを希望するなどしていませんか?


男性はストレスにより生殖機能への影響が出やすく、

精子の質が悪くなったりEDになってしまう人もおられます。

妊娠は夫婦の気持ちがとても大切です。


排卵日にばかりこだわらず、普段から仲良くするようにしましょう。

まとめ

ベビ待ちをしている方の中には、頑張りすぎてあれもこれもしないと!

と一種の強迫観念のような思いでおられる方もおられます。


しかしそれではどんどんストレスが溜まる一方です。


最低限してはいけないことは守るべきですが、

それ以外は気楽に考えることも必要です。


楽しくベビ待ちできると、心も優しく軽やかになり

妊娠しやすい身体になっていくのではないでしょうか^^