ラブローションの代わりにベビーオイルを使うのは危険?

ラブローションの代わりにベビーオイルを使うのは危険?

ラブローションは高いし買うのも恥ずかしいから、

代わりにベビーオイルを使ってる、、


そんな方は意外と少なくありません。


しかし、待ってください。


ベビーオイルとは、本来赤ちゃんに使うものです。


ラブローションの代わりにベビーオイルを使う危険性について調べてみました。

ラブローションの代わりにベビーオイルを使うのは危険?



そもそもベビーオイルって何?


ベビーオイルとは、乾燥肌の赤ちゃんを保湿する為のオイルです。


大量に入っていて値段が安いので、つい手を伸ばしてしまう方もいる事でしょう。


ベビーオイルの主成分は、ミネラルオイルです。


ベビーオイルには様々なメーカーがありますが、

ほとんどのベビーオイルがミネラルオイルでできています。


ミネラルオイルは、昔は鉱物油と呼ばれていました。


原料が石油から作られていると言う理由で、嫌われていた成分です。


しかし実際には、ミネラルオイルは化粧品成分の中では、

最も安全性の高い部類の成分です。


つまり、肌への刺激が少なく安全性が高いオイルということですね。


そもそも赤ちゃんの肌に使用されるベビーオイルですから、

安全なのは第一ですよね。

ラブローションの代わりにベビーオイルを使うのは危険?



では、これだけ安全性の高いベビーオイルなら、ラブローションの代わりに使ってもいいのか?


確かにベビーオイルもラブローションと同じくヌルヌル感があって

十分代わりになりそうな感じがしますよね。


結論から言うと、ラブローションの代わりにベビーオイルは使用しない方がいいでしょう。


その理由を紹介します。

毛穴に詰まりやすい


ベビーオイルは蒸発しにくく角質に浸透しないオイルのため、

毛穴などに詰まりやすく汗疱(かんぽう)や汗疹(あせも)の原因になることがあります。

かぶれることがある


ベビーオイルはあくまでオイルの分類です。


ラブローションの代わりとして使用すると膣内に残りやすく、

肌のかぶれや炎症を引き起こす可能性があります。


また直接粘膜に使用することで、かゆみやヒリヒリしたりといった拒否反応が出たり、

アレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

洗っても落ちにくい


ベビーオイルは​肌を保護してくれる反面、なかなか落ちにくいです。


しっかり落とす為には石鹸で何度か洗う必要があり、

デリケートな部分には使用しない方が良いでしょう。

ラブローションは品質の良いものを選ぼう!




あなたがラブローションを使う目的は何ですか?


快感のための方もいれば、中には濡れなくて困っている方や、

セックスの際の痛みに悩んでいる方もいる事でしょう。


しかしすべての方に共通して言えるのは、

ラブローションは、あなたやパートナーの大切な部分に使用するということ。


とてもデリケートなところだからこそ、

品質の良いものを使用することが大切なのではないでしょうか。


そこでオススメなのが、ラブローション【ジョン&マリー】です。


ジョン&マリーは996以上が天然成分使用のオーガニックラブローションです。


成分はもちろん国産の製品なので、安心して使用することができます。


⇒ラブローションのオススメ!ジョン&マリーを詳しくチェック!