35歳前後で生理不順や生理痛がひどいと妊娠できない?

35歳前後で生理不順や生理痛がひどいと妊娠できない?

最近生理が不順になってきている気がする、、


35歳前後で生理周期が短くなったり長くなったりする生理不順や、

生理の出血が少ない、生理痛がひどくなったなどの悩みを抱える女性は非常に多いです。


しかし、実はこれが妊娠できない原因なのかもしれません。


35歳前後で生理不順があると、妊娠にどのような影響があるのか調べました。

35歳前後で生理不順や生理痛がひどいと妊娠できない?




生理は、女性にとってなくてはならないものであり、

言いかえると女性の健康のバロメーターでもあります。


特に35歳と言う年齢は、女性にとって身体の変化が起き始める時期であり、

生理自体も変化します。


妊娠を希望する女性にとって、35歳と言うのは大きな境目ではないでしょうか。


どういうことなのか、詳しく見ていきますね。

35歳前後で生理不順になるのはなぜ?




卵巣機能は、20代では活発に働きますが、

30代に入ると働きは緩やかになり、徐々に老化し始めます。


そして35歳を境にゆっくりと閉経に向けて活動を停止していきます。


35歳前後で生理不順になってきたと感じる一番の原因は、

閉経に向けて準備し始めるプレ更年期のせいかもしれません。


一般的にプレ更年期とは、更年期よりも早い段階で起きる卵巣機能の曲がり角に当たる時期です。


35歳を境に一気に妊娠率が低下するのは、

プレ更年期によりホルモンバランスが乱れ、卵巣機能が低下することも原因の一つなのです。

プレ更年期になりやすい人がいる?




プレ更年期の症状は、主に生理不順や情緒不安定、イライラするなどです。


これはすべての人がこのような不快感を感じるわけではなく、

プレ更年期になりやすい人、なりにくい人がいます。


プレ更年期の原因は、ストレスです。


35歳と言う年齢は、女性にとって結婚、職場での地位など、

大きなストレスを抱えやすい時期でもあります。


ストレスを受けやすい人、ストレスを溜めやすい人は、

自律神経の働きが悪くなり女性ホルモンが乱れ、プレ更年期の症状が出やすくなるのです。

35歳前後に多い生理不順とは?




生理不順と一言で言っても、大きく分けて5つの種類があります。

稀発月経(きはつげっけい)


生理の周期が39日以上になる、生理周期が長いタイプ。

頻発月経(ひんぱつげっけい)


生理周期が24日以下になる、生理周期が短いタイプ。

過長月経(かちょうげっけい)


生理の期間が8日以上になり、ダラダラと出血が続くタイプ。

過多月経(かたげっけい)


生理の出血が増える、経血にレバーみたいな塊が出る、生理痛がひどいタイプ。

過短月経(かたんげっけい)


生理の出血が極端に少なく、ナプキンの表面にわずかにつく程度だったり、

不正出血かと勘違いするほどの出血しかないタイプ。

過少月経(かしょうげっけい)


生理が2日以内で終わってしまう、極端に生理日数が少ないタイプ。

35歳前後で生理不順があると妊娠できない?




35歳前後で妊娠率が一気に下がるのは、卵子や卵巣の老化が原因です。


更に生理不順がある場合は、妊娠にどのように影響するのでしょうか。

タイミングが取りにくい


生理不順があると、まず排卵の回数が減り、それだけ妊娠できるチャンスが減ります。


またいつ生理が来るのか、いつ排卵があるのか分かりにくいので、

タイミングを取るのが難しくなります。


妊娠する為には排卵日を正確につかむことが大切なので、

生理不順があるとなかなか妊娠できない原因となります。

卵子の質が悪くなる


生理不順になる原因は、ホルモンバランスが崩れてしまっている場合が多いです。


すると必要な時に必要な分だけのホルモンがうまく分泌されないので、

卵子の発育に悪影響になる場合があります。


未熟な卵子を排卵してしまったり、排卵するのが遅くなったり、

うまく卵子を育成できず無排卵になったりします。


それではなかなか妊娠することはできません。

生理不順があるけど、妊娠したい場合はどうすればいい?




生理不順があっても妊娠した方はたくさんいます。


しかし、生理不順が妊娠できない原因の1つであると考えられる以上、

生理不順を改善させた方が妊娠はしやすくなるでしょう。


妊娠を希望するなら、まずは生理不順を治すことを考えてみましょう。

身体の冷えを改善しよう


身体の冷えは、血行が悪くなり生理不順や生理痛を引き起こす原因となります。


衣服を工夫したり、身体を温める食材を意識して摂りましょう。

軽い運動をしよう


身体を動かすことで、ストレス解消や冷え性改善につながります。


激しい運動よりも、ヨガやウォーキングなどの軽い運動がオススメです。

ストレスを溜めないようにしよう


ストレスが溜まると、自律神経が乱れホルモンバランスが崩れやすくなります。


ストレスはこまめに発散し、溜めないようにしましょう。

サプリもオススメ


生理不順の女性にとてもオススメするのは、サプリでホルモンバランスを整えることです。


妊活でよく聞くマカには、ホルモンバランスを整え生理不順が改善される成分が入っています。


私はこのマカを飲んで、妊娠することができました。 

⇒飲むだけで生理不順が改善できる!驚きのマカとは?